ユーフォルビア・オベサ・ドットコム

カテゴリ:多肉事情 > 植え替え

購入した多肉植物の植え替えの続きです。ひたすら花キリンを植え替えました。

231022101524513
Euphorbia millotii
鉢のサイズは問題なさそうですが、私は赤玉細粒は苦手で、上手く水分のコントロールが出来ません。

231022102237462
根の張りは良好です。
231022103934838
植え替え後。少し大きめのプレステラ105に植えました。

231022101631865
Euphorbia guillemetii(E. beharensis)
鉢のサイズは良さそうですが、塊根に根がついているため、浅植えされてそうです。

231022102230414
根は割と貧相でした。塊根を見せるために浅植えしたのは間違いなさそうです。
231022103916518
植え替え後。まだ塊根を出さなくてもいいかなと思ったので、塊根は埋めてしまいました。サイズ的にプレステラ90で十分。

231022101909204
Euphorbia erythrocucullata
ひょろひょろした花キリンです。枝が細いので、枝分かれさせて混んだ樹形にする方が良いでしょうか?

231022102242568
意外にも塊根性でした。しかし、塊根が丸まってしまっているので、露出させるのは難しそうです。
231022103946602
植え替え後。塊根は露出させませんでした。塊根の形が悪いので、根をもう少し下方向に伸ばしたいところです。塊根があるためやや大きめにプレステラ105に植えました。

231022101730894
Euphorbia delphinensis
これは流石に鉢が小さいですよね。

231022102217374
根は渦巻いていて中々ほぐせませんでした。
231022103910282
植え替え後。プレステラ120でも大き過ぎるということはなさそうです。

231022102008594
Euphorbia fuscoclada
ちょっとバランスが悪そうです。風が強い我が家ではすぐに倒れてしまいます。

231022102248396
根の張りはやや少ない感じでした。
231022103958963
植え替え後。とりあえずは、プレステラ105に植えました。

231022102101544
Euphorbia lophogona
葉が非常に大きいため、頭が重たそうですね。

231022102255115
根の張りは良好です。
231022104035320
植え替え後。プレステラ120に植えました。外見的に似ているE. viguieri系ではなく、かと言ってE. neohumbertii系でもないようです。遺伝子解析では意外にもE. miliiに近縁なようです。花は確かにそんな感じですが。

ということで、これにて購入品の植え替えは終了です。寒くなって来ましたから、今年の植え替え自体がこれで最後ですかね。それよりも、多肉植物たちを室内に取り込まなくてはなりませんが、まったく進んでいません。植物用ランプやらタイマーやら室内の準備すらまだなのですから、いささか慌てています。しかし、何かと忙しくて手が回りません。困ったものです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

先日、多肉植物の即売会をハシゴしたわけですが、もう寒くなりつつあるにも関わらず、購入品の植え替えを強行しました。また、何故か強風が吹き荒れ、軽い遮光用に張っていた不織布がビリビリに破れてしまい、鉢を巻き込んで倒してしまいました。仕方がなく、こちらも植え替えと言うか植え直しです。

231022104642074
Haworthia parksiana
Succulent Station 宮崎台の購入品。鉢のサイズも合っているので植え替える必要はなさそうですが、根の状態が気になります。

231022105057473
根は良く張っていました。
231022105854940
植え替え後で。あまり変わっていませんが、用土を統一することにより、感想具合をコントロールしやすくなります。

231022104649676
Haworthia chloracantha v. subglauca RIB 0099
こちらもSucculent Station 宮崎台の購入品。

231022105102424
こちらも根の状態は良好です。
231022105857993
植え替え後。フィールドナンバーつきですから、あまり過保護にならないように育てたいですね。

231022104657471
皇帝
ヨネヤマプランテイションの多肉植物BIG即売会の購入品。皇帝は少し窮屈そうに見えます。
231022105051783
根の張りは良好ですが、やはり窮屈でした。
231022105846638
植え替え後。バランス的にはこんなものでしょうか?

231022104709135
青々錦 Aloiapelos tenuior(Aloe tenuior)
こちらもヨネヤマプランテイションの多肉植物BIG即売会の購入品。フニャフニャの鉢に植えられていました。

231022105115511
やはり根の張りは良好です。
231022105919188
植え替え後。本来Aloiampelosはヤブ状に育ちますが、どう育てるか悩みどころです。

231022101142106
この2鉢はひっくり返したやつです。
231022102308241
Haworthiopsis viscosa
ヴィスコサは完全にすっぽ抜けたので、植え替えました。何故か根はかなり貧相でしたね。

231022102311082
Gasteria pillansii
ピランシィは根の張りが良いため、ひっくり返っても抜けませんでした。ですから、用土を足しただけで済みました。


というわけで、植え替えの第1弾でした。花キリンを沢山買いましたから、そちらも植え替えましたが、明日記事にします。
実は未だに室内に多肉植物を1つも取り込んでいません。それなりに数があるため、そろそろ始めないとあっという間に冬になってしまいます。とりあえず、パキポディウムと小型の花キリンは室内に取り込みました。早く何とかしなくては…

231024003139672


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

先日、千葉で開催された木更津C&Sフェアで購入した多肉植物たちを植え替えました。使用している用土が異なりますから、乾燥の具合を上手くコントロールできないため、真冬でもない限りは植え替えたくなります。特に化粧砂がある場合は、下の用土が不明なのが怖いところです。ピートなどの腐植質が多かったり、非常に粒の細かい用土だと、私の水やり感覚だと根腐れしてしまいがちです。

231008153751701
Euphorbia dichroa
化粧砂がありますが、下の用土は割と水はけは良さそうでした。

231008154433399
どうやら挿し木苗のようで、新しい細い根しかありませんが、勢いは良いみたいです。
231008155725500
植え替え後。すぐに窮屈になりそうですから、プレステラ90で鉢増ししました。


231008153805919
Euphorbia marsabitensis
こちらは明らかに鉢が小さいので、植え替えは必須です。

231008154440427
根の状態は普通。
231008155720554
植え替え後。バランスが良くなりました。


231008154237797
Euphorbia razafindratsirae
排水は良さそうな用土でしたから、植え替えは必要なさそうです。しかし、根の状態は気になるところです。

231008154501628
非常に根は発達していました。
231008155709858
植え替え後。元の鉢でも良かったのですが、根域は広い方が良いのでプレステラ90に変えました。


231008153722526
Euphorbia paulianii
バランスが悪く(風が強い我が家では)、倒れてしまいそうです。

231008154422263
根はパンパンで限界でしたね。
231008155730036
植え替え後。思い切ってプレステラ120に植えました。バランス的にこれくらいは必要な気がします。


231008152929319
Aloe fragilis
こちらも化粧砂が気になりますが、用土は水はけは良さそうでした。
231008153200285
根の発達も良く、動いています。
231008155735497
植え替え後。


231008152934099
Gasteria nitida
ガステリアは根が太く強いので、かなり窮屈になっていると予想。

231008153156975
予想通り、根が鉢いっぱいに広がっていました。
231008155739552
植え替え後。プレステラ105に植えました。ガステリアの花が好きなので、早く見たいですね。冬に咲くでしょうか?


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

先日のビッグバザールの購入品を植え替えました。用土は様々で、乾き具合が把握出来ないため、冬や真夏以外では、なるべく早めに植え替えをするようにしています。根の状態はどうでしょうか? 

230918132311214
Euphorbia hedyotoides
赤玉細粒は思うよりジメジメするので、個人的には苦手です。

230918162920182
根の状態は悪くありません。
230918163831622
少し塊根を埋め気味にしました。根が細いので、しばらくは水を多めにやるつもりです。

230918132455050
Euphorbia beharensis
挿し木苗ですが、根はどれくらいあるでしょうか。用土は水はけが良さそうですね。

230918162935966
根はチョロリとあるくらいです。まあ、問題ありません。

230918132713003
Aloe calcairophila
赤玉細粒を単用するのは割と心配になります。

230918162940112
根は動いていません。かなりの加湿状態でした。
230918163923783
排水の良い用土に植えたので、根は動いてくれるでしょう。

230918132858261
Aloe saundersiae
こちらも湿っぽい感じがします。

230918162946403
根はかなり加湿でしたが、良く動いているようです。水が好きなのでしょうか? 良く見たら、子株か3つほどついていました。
230918163919529
植え替えましたが、花は咲いてくれるでしょうか? 

230918132953266
白磁盃 Aloe pratensis
こちらも根が心配。

230918162942936
これは駄目ですね。加湿で少しやられ気味です。しかし、根元から新しい根が出ていますから、まあ大丈夫でしょう。
230918163849617
根が太く荒いタイプみたいですから、大きめの鉢に植えました。しかし美しいアロエですね。

私は水はけ重視の用土で植えています。ですから、非常に乾くのが早いのは良いのですが、乾き過ぎて萎れがちになります。ですから、成長期は頻繁な水やりが必要で、やや面倒ではありますが。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

まだまだ30℃以上の日が続きますが、多肉植物たちは盛んに生長を始めています。強すぎた日照も一段落といった感じでしょうか? 今年は日照が強すぎて、多肉植物たちにも思わぬダメージが結構あったので、ようやく一安心出来そうです。そんな、最近の多肉植物たちをご紹介しましょう。

230910164107071
Zamia integrifolia(=Z. floridana)
ソテツの苗ですが、
葉の枚数が大分充実してきました。
230910164132463
よく見ると、今年2度目のフラッシュです。
230910164145804
しかし、葉の先端が齧られてしまいました。ソテツは有毒なので食べる動物はあまりいないような気がします。ソテツシジミではなさそうですが、対処しないとこれから伸びる新葉もやられてしまいます。やられ方がナメクジっぽいので、誘引剤を周囲に撒いておきます。

230910165207374
Euphorbia longetuberclosa
日焼けしてしまい半日陰なや避難させていましたが、新しい枝が伸びてきました。しかし、左の枝はナメクジに舐められてしまいました。やはり、誘引剤を撒きました。


230910172719788
Dioon spinulosum
世界最大のソテツの苗ですが、今年2回目のフラッシュ。


230910172815880
Dioon edule
こちらは非常に生長が遅いことで知られるソテツですが、やはり今年2回目のフラッシュ。毛に覆われた新葉が美しいですね。


230910164619115
Uncarina roeoesliana
腰水栽培したら雑草のように伸びました。多肉植物として育てるより、野菜の土でプランターとかに植えたらよく育ちそうですね。


230910165006735
Haworthiopsis fasciata fa. vanstaadensis
ファスキアタの矮性種が開花。
230910165030946
矮性種のためか花も小型というか、短い感じがします。

230910164642927
Fouquieria diguetii
今年は非常によく育ちました。


230910164516425
孔雀丸 Euphorbia flanaganii
根詰まりで枝がポロポロ取れてしまいましたが、ようやく生え揃って来ました。


230910164543874
Euphorbia horrida var. noorsveldensis
非常に強いトゲが生えてきました。まだ小さいので普通のホリダとの違いがよくわかりません。


230910164803996
閃光閣 Euphorbia knobelii
自家受粉したものの種子はあちこちに飛散してしまい、結局芽が出たのはこれだけです。しかし、その美しい模様がはっきりしてきました。


230910164429737
瑠璃塔 Euphorbia cooperi
初めて枝が出ました。


230910172912776
闘牛角 Euphorbia schoenlandii
闘牛角が開花しましたが、よく開花するので有難みはあまりありませんが。

230910164207433
Euphorbia denisiana
傾いているのと鉢が小さいので、バランスが悪くてふらふらしています。

230910164220457
棒で支えていますが、植え替えることにしました。
230910170217170
少し角度を調整しました。鉢を大きくしましたが、根が張っていないため、しばらくは棒で支えておきます。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

いくつかやらなきゃと思っていたことがあるのですが、何だかんだで後回しになっていました。正直、すっかり忘れていたのですが、1つ気付いたので一気に片付けてしまいます。

230903093824882
Gasteria disticha
花茎から芽が出ました。胡蝶蘭ではたまにありますが、ガステリアでは初めてみました。冬に開花してから、いつか外そうと思いつつ忘れていました。今日外します。

230903093843389
玉鱗宝 Euphorbia globosa
やはり花茎の先に芽が出ました。そこからさらに花茎が伸びて開花したりしてましたね。こちらも外します。


230903093908240
闘牛角 Euphorbia schoenlandii
短い枝はやがて枯れて残りますが、長い枝はどうやら脇芽みたいです。3本外しました。


230903094715683
こんな感じです。

230903094957323
赤玉単用で挿し木。こちらはガステリア。

230903095003991
同じく赤玉に挿し木。こちらは玉鱗宝。

230903095001946
こちらは闘牛角。

230903093913269
Euphorbia furticosa
フルティコサは日差しにはかなり強い方ですが、今年は少々異常でしたね。日焼けして腐ってきてしまいました。

230903095749753
腐った部分と駄目そうな子は外しました。しかし、全体的に黄色くなってしまい、今後が少々危ぶまれますね。

230903095745719
兜丸 Astrophytum astesias
何だかんだで20年くらいの付き合いのある兜丸です。環境が度々変わってダメージのあるサボテンが多かったにも関わらず、まったく変わりありません。生長が遅いのが逆に良かったのかも知れません。今日は何年ぶりか分かりませんが、本当に久しぶりに植え替え。

230903095843349
根はギチギチでしたね。根が弱いって書いてあるサイトもありますが、そんな感じはしませんね。
230904000735700
雨が吹き込むせいか、白点はほとんど取れてしまいました。アストロフィツムの中では育てにくいようなことも言われますが、非常に丈夫です。育つのは遅いのは確かですが。まあ、冬は霜に当ててしまっているので、余計に生長が遅いのかも知れません。

230904000757004
鸞鳳玉 Astrophytum myriostigma
先週、親から外した子です。切断面が乾いたので植え付けました。動かないように針金で固定しております。


230904000852321
士童 Frailea castanea
平鉢に半野良状態で勝手に増えたり死んだりして更新していましたが、面白い株を鉢上げしました。

230904002143065
実はこれで1個体で全部繋がっています。根元は塊根のように肥大化しています。直径は4cmくらいですが、本来はどのくらい大きくなるんでしょうか? 冬に霜やら雪にやられて枯れがちなので、あまり大きくなったのは見たことがなかったりします。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

少々忙しく記事を書く時間が中々取れません。ネタはまだあるのですが…。昨日は天気雨で降ったり止んだりでよくわからない天気でした。夕方に隙をついてサボテンの植え替えをしました。サボテンは割と放置気味でしたから、かなり荒れてましたね。

230827171025841
日の出丸 Ferocactus latispinus
たぶん10年くらい前にオザキフラワーパークで購入した日の出丸。ワンコインで買ったミニサボテンでした。ほとんど植え替えしていないので、鉢が小さすぎますね。

230827171924543
根は大分きつきつです。ちょっと老化気味。
230827172017000
根は健康そうです。

230827171031584
Gymnocalycium pungens
最近、鶴仙園で入手したばかりのサボテンです。現在はG. schickendantzii subsp. schickendantziiの異名になっていますね。

230827171911395
根が少ないですが、たまにこういうことがあります。化粧砂の下に、かなり重い湿っぽい用土がありました。気付かないと加湿になりこうなっちゃいます。

230823222401609
縮玉 Stenocactus multicostatus
種子がこぼれて実生が生えてきたので植えましたが、1株だけ生き残りました。そう言えば、縮玉の学名ははっきりしませんね。Echinofossulocactus multicostatusとか、Echinofossulocactus zacatecasensisとか呼ばれています。まあ、とはいえEchinofossulocactusは現在Stenocactusとされています。実はEchinofossulocactusはEchinocactusの異名扱いになってしまいました。そのあたりの話は実にややこしいので、出来れば明日記事にします。

230827171921004
根の張りは非常に良いですね。

230827172731634
大中小の鉢に植え替え。

230828000602057
鸞鳳玉の成長点が潰れて雪だるま状態となったので、外しました。引っ越したり、まあ色々あってサボテンは大分枯らしました。残っているものも大分荒れているので、少しずつ仕立て直す予定です。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

昨日のサボテン・多肉植物のビッグバザールで購入した多肉植物を植え替えました。というのも、販売されている多肉植物は意外と乾きにくい用土に植えられていたりしますから、気付かずに育ててしまい、過去に根腐れしてしまったものもあります。また、根の状態も気になります。根の張りが弱いものは、あまり厳しくしないで養生させる必要があるかも知れません。という訳で全部鉢から引っこ抜いて、根の状態をチェックしてみましょう。

230611172706886
Euphorbia lenewtonii
根の張りは悪くありません。まだ、苗ですからこれからでしょう。


230611172700822
Euphorbia hofstatteri
どうやら、挿し木苗のようですから塊根は出来なさそうです。まあ、格安でしたから特に文句もありません。根は少し弱いですね。排水の良い用土で水やりを多めにして、根を伸ばしていきます。


230611173925948
植え替え後。プレステラ90に植えました。水やりは多めにしますが、日照は割と強めで行きます。

230611172313201
Gymnocalycium ragonerii
球根みたいですがサボテンです。根は貧弱でした。どうやら塊根性みたいです。


230611172720273
Aloe  florenceae
高地性のアロエですが、根はかなり強いので意外と丈夫そうですね。

230611173912591
植え替え後。プレステラ90に植え替えました。ラゴネシイはしばらくは乾かしておきます。A. florenceaeは焦げそうな色合いですから、ハウォルチア棚に置きます。

230611172711579
Gasteria carinata var. verrucosa
根の状態は非常に良好です。


230611172714884
Gasteria obliqua
Gasteria bicolorの名前で購入したガステリア。根詰まり気味でした。根の勢いが非常に強いですね。枯れ葉は取り除きました。


230611173858108
植え替え後。根が非常に強いので大きめのプレステラ105に植え替えました。根が良いので今年の生長は期待出来ます。冬には花が咲いて欲しいですね。

植え替えはこんなところです。用土や鉢が異なると乾き具合が変わってしまい、鉢ごとの把握が難しくなります。今年は何とか統一させようと悪戦苦闘中です。それはともあれ、引き込んだ風邪をしっかりと治すところから始めます。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今年の植え替えもこれで終了します。なんだかんだで136鉢(たぶん)にもなりました。過去に浅い鉢に植えていたものは、ほとんど深い鉢に植え替えました。

DSC_0288
Euphorbia alluaudii
購入時はミニ多肉だったので小さい鉢に植え替えましたが、急成長して鉢が小さくなりました。とはいえ、購入時よりふた回りくらいは大きな鉢なんですけどね。E. alluaudii subsp. oncocladaとして入手しましたが、亜種オンコクラダは節が膨れるため特徴が異なります。入手時は小さかったので特徴がはっきりしていないだけかと思いましたが、生長しても膨れてこないので、ただのE. alluaudiiでした。どうも、国内ではE. alluaudiiがオンコクラダとして流通しているみたいですね。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0301
根はかなり細かいタイプです。流石に鉢が小さすぎます。
DSC_0309
植え替え後。どのよう育つのか楽しみです。

DSC_0287
Euphorbia meloformis
バリダですが、老化してしまい花が咲きません。現在、バリダはメロフォルミスに含まれてしまっています。つまり、E. validaあるいはE. meloformis var. validaは異名とされています。タイプの異なる2株を育てていますが、何故かこちらだけ調子がいまいちです。
DSC_0299
根の具合はそれほど悪くはありませんでした。
DSC_0319
植え替え後。生長はしているものの、鈍っているのは確かです。子を外して育てた方がいいかもしれませんね。

DSC_0321
Dasylirion quadrangulatum
一般的にはD. longissimumの名前で流通している、最も普及しているダシリリオンです。この名前の誤りは日本だけの話ではなく、海外でも同じです。というより、海外での誤った名前で日本に種子が入ってきていることが、日本国内の混乱の原因です。とはいえ、海外ではその誤りを指摘しているサイトがそれなりにあります。埼玉県は越谷市のシマムラ園芸にて入手。

DSC_0332
太い根がありますが、鉢が浅いので底で渦巻いてしまっています。
DSC_0338
植え替え後。苗のうちは水はたっぷりやった方がいいみたいですね。乾かしぎみにすると、葉先が枯れ混んでみすぼらしくなります。

DSC_0323
Gymnocalycium erinaceum WR726B
エリナケウムはギムノカリキウム感が薄く、なにやら面白いですね。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0329
根の状態も良好です。
DSC_0335
植え替え後。今年もよく育ちそうです。

DSC_0326
白磁ホリダ 
ホリダの選抜タイプの子。去年親から外しましたが、浮き上がってしまい、根がむき出しです。

DSC_0327
植えた時には根はほぼない状態でしたから、根は意外と生長しました。
DSC_0337
植え替え後。しっかりと深植えしました。

DSC_0324
Pachypodium drakei
P. rosulatum var. drakeiとされることもあります。しかし、ドラケイは現在ではE. rosulatumの異名とされてします。ロスラツムより葉や幹が細長く育つタイプです。冬の間に全ての葉が落ちませんでした。ヨネヤマプランテイションにて入手。

DSC_0330
根は非常に勢いがあります。明らかに鉢が狭かったことが分かります。
DSC_0333
植え替え後。一気に鉢増ししました。

DSC_0325
Gonialoe sladeniana
アロエ属から分離したゴニアロエ属3種のうちの1種類です。根がないカット苗を購入しました。ビッグバザールにて入手。
DSC_0328
鉢に用土を入れて上に置いておきましたが、しっかり初根しました。正月明けに入手したので、ほとんど根なんか出ていないだろうと思っていました。
DSC_0336
植え替え後。根は生えてきましたが、しばらくは甘やかしておきます。

DSC_0322
Euphorbia subapoda
塊根系の花キリンです。冬の間、小さい葉が出たり枯れたりしていて不調でしたから、根の状態をチェックします。ビッグバザールにて入手。
DSC_0331
根に問題はありませんでしたが、根ジラミはいました。水で荒い落としましたが、塊根の隙間は洗えないので取りきれたような気がしません。
DSC_0334
植え替え後。塊根を少しだけ出しました。しばらくはこんな感じで太らせようと思います。

DSC_0339
Euphorbia heterodoxa (?)
E. heterodoxaの名前で入手したユーフォルビアですが、おそらくは誤りです。おそらくは、E. phosphorea、E. attastoma、E. weberbaueriあたりです。詳しく調べてみて記事にする予定です。3月にヨネヤマプランテイションの多肉植物BIG即売会にて入手。
DSC_0340
小さい鉢に無理やり詰め込まれていました。さすがに根が混みすぎて伸びる余地がありません。
DSC_0342
植え替え後。2鉢に分けました。しかし、なんで7本も寄せ植えしたのか不思議です。まあ、1本だけだと貧相な見た目になるのは分かりますが…

という訳で植え替えは終了です。しかし、まだ外に出せていない多肉植物もあります。外の多肉植物置き場を、そろそろ本当にどうにかしないといけません。GW中に一気に方をつける腹積もりでしたが、残念ながら仕事が入ってしまいました。いやはや、土日になんとかしたいところですが…


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

3月後半に植え替えを始めましたが、いつの間にかに5月になってしまいました。それでも、流石にもう終わりです。しかし、休みの日ごとに植え替えてきましたが、他の雑用で1日潰れてしまい遅れがちです。そのせいで、なんとまだ室内から出せていない多肉植物すらあります。新しく多肉植物置き場を作りたいのですが、全く手をつけていません。GW中に少しどうにかしたいとは思っていましたが、仕事が入ってしまいました。なかなかどうして上手くいかないものです。まあ、うち1日は都内で午前仕事なので、帰りに池袋に寄って鶴仙園で多肉植物を見てくるつもりです。

DSC_0285
Kumara plicatilis
かつてのAloe plicatilis。大量入荷したらしく、二子玉川のプロトリーフで激安で入手しました。ネット相場の半分以下でした。

DSC_0286
根の勢いが強く、はみ出してしまいます。
DSC_0302
細かい根は冬の間に枯れてしまいます。
DSC_0311
植え替え後。5号鉢に植えました。締めて育てているため、生長は非常に遅い。しかし、アロエの中でも強光線には非常に強いですね。

DSC_0284
Gonialoe variegata
倒してしまい抜けたので、植え替えます。鉢のバランスが悪いのが気になっていました。

DSC_0300
根はかなり死んでしまいました。少し鉢の乾きが悪かったのかもしれません。
DSC_0310
植え替え後。すでに芽は動き始めています。特に問題はないでしょう。
DSC_0308
ついでに子を外しました。

DSC_0290
Gasteria disticha
ディスティカは1753年にCarl von Linneにより初めて学名がついたガステリアです。しかし、素晴らしいガステリアですね。ビッグバザールにて入手。

DSC_0293
良く見ると古い花茎から子株が出ています。胡蝶蘭ではたまにありますよね。
DSC_0295
根の状態は良好です。
DSC_0315
植え替え後。子株をいつ外すか悩みどころです。

DSC_0289
Gasteria baylissiana
小型のガステリアです。バイリシアナは花は小さいのですが、大変かわいらしいので好きなガステリアです。ファーマーズ三郷店にて入手。

DSC_0296
根の状態は非常に良いですね。
DSC_0314
植え替え後。こうした次々と増えるタイプのガステリアはどう仕立てるのが正解なんでしょうね? まあ、正解なんてないのかもしれませんが…

DSC_0312
Aloiampelos striatula var. caesia
アロエからアロイアンペロスになりました。寒さに強いため、冬の間も盛んに生長して、ついに自重を支えきれなくなりました。鉢も小さいので直ぐに倒れてしまいます。ビッグバザールにて入手。

DSC_0313
根は鉢いっぱいでした。
DSC_0318
植え替え後。倒れない鉢に植え、支柱を立てました。先端が曲がっていますが、いずれ日の方向を向くでしょう。しかし、このままだだらだら伸ばすより、ある程度は切り戻しながら育てるべきでしょうか?

DSC_0291
怪竜丸
最近ではGymnocalycium basiatrumと言われているらしいです。かつてはG. bodenbenderianumとされて輸入されていました。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0292
なにやらヒョロヒョロと徒長したユーフォルビアが生えてきました。何者でしょうか?
DSC_0297
根の張りは素晴らしいですね。やはり、駄温鉢はサボテンに適した鉢なのかもしれません。細根の勢いが違います。
DSC_0298
謎の実生はなんとタコものユーフォルビアでした。徒長していたのではなく、タコものの枝だった訳です。
DSC_0305
植え替え後。駄温鉢は良いのですが、サイズ的に合わないので、見た目は悪いですがプレステラ120に植えました。
DSC_0316
謎の実生も植えました。しかし、種子ができそうなタコものはなさそうですが、一体何者なのでしょうか?

ということで、相変わらず植え替えに勤しんでおりますが、明日で植え替えは一応終了します。いやはや、長かったですね。多肉植物も外に出さないといけませんから、もう少しバタバタします。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

相も変わらず植え替えをしていますが、もう4月も終わってしまいます。ここのところ、植え替えばかりしていて休みが潰れてしまい勝ちです。

DSC_2290
Euphorbia imperatae cv.
斑入りの花キリンです。以前はEuphorbia millii var. imperataeでしたが、最近見直されて独立種になりました。ヨネヤマプランテイションにて入手。
DSC_0250
根は普通ですね。
DSC_0257
植え替え後。冬の間も花を盛んに咲かせて楽しませてくれましたから、大きめの鉢に植えました。

DSC_0260
Euphorbia multifolia
最近入手したばかりですが、用土が細粒なので腐らせかねないので植え替えます。園芸店で冬を越した雰囲気がありましたから、根の状態は気になります。ファーマーズ三郷店にて入手。
DSC_0266
結構立派な幹がありましたね。根にも痛みもなく良い状態です。
DSC_0272
植え替え後。少しだけ幹を出しました。なにやら面白い形のユーフォルビアですね。

DSC_0259
「紅彩ホリダ」(紅ホリダ)
交雑種でEuphorbia heptagona × Euphorbia polygona var. horridaらしいです。オザキフラワーパークにて入手。

DSC_0265
根は大変な勢いです。
DSC_0271
植え替え後。ミニ多肉植物として購入した苗だった訳ですが、ずいぶんと立派になりました。丈夫で育てやすいユーフォルビアです。

 DSC_0261
混迷閣 Euphorbia ×inconstantia
Euphorbia heptagona(異名E. enopla、紅彩閣) × Euphorbia polygonaらしいです。去年、根腐れを起こしたため、生きている枝を挿し木しました。どうなっているでしょうか? ドイト花ノ木与野店にて入手。

DSC_0267
おや? ほとんど根がありません。勢いがない。これは困った…
DSC_0273
植え替え後。今年はしっかりと根を張ってほしいです。

DSC_0263
ら、Euphorbia × lyttoniana
プセウドカクタスの変種あるいは品種とされることが多いみたいですが、おそらく交配種。去年から生長が止まってしまいました。

DSC_0269
根には問題がありませんが少ないですね。ただ、新しい根も出ているようです。
DSC_0275
植え替え後。新しい根が出ているため、まだ希望が持てます。今年は根を育てて、来年の生長を目指します。

DSC_0262
Euphorbia aerginosa
普及種です。ヨネヤマプランテイションにて入手。
DSC_0268
根は大変な勢いです。
DSC_0274
植え替え後。どんどん大きくなるでしょうから、今後どう仕立てるか悩みどころです。

 DSC_0258
Pachypodium succulentum
「天馬空」とも呼ばれます。アフリカ大陸原産のパキポディウムです。去年は塊根が鉢を歪ませる位生長しました。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0264
塊根がまた長くなっています。
DSC_0270
植え替え後。思い切って5号鉢に植えました。塊根を今までより少し出しましたが、枝の伸びに比べて塊根ばかり伸びてしまいます。

いやはや、植え替えは続きますが、しかしながらようやく終わりが見えてきました。いよいよラストスパートです。
植え替えの記事ばかり書いていた間、ブログのネタは貯まったかというとこれが全くで、正直なところ困っています。なかなか面白そうな論文に行き当たりません。まあ、この場合は私が面白いと思う論文ですから、書いてもほとんど読まれない記事が多かったりするんですけどね。皆が知りたい内容ではなく、私が知りたいことばかりなのでまあ仕方がないですかね。



ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村 

植え替えは続きます。残りはほとんどユーフォルビアですね。今回はサボテンも植え替えます。

DSC_0238
Euphorbia clandestina
「逆鱗竜」と呼ばれます。葉の落ちた跡が尖って目立つタイプです。これはビッグバザールでいただいたオマケです。
DSC_0245
なんと根がありませんでした。しかし、本体に腐りは入っていない模様。
DSC_0252
植え替え後。枯れた部分を取り除きました。まあ、オマケですから仕方がありません。E. clandestinaは丈夫なので直ぐに発根するでしょう。

DSC_0239
Euphorbia woodii
間延びしている感じのあるE. woodiiです。しかし、ホリダと並べて育てていたのに、こうも徒長するとは驚きです。ビッグバザールにて入手。
DSC_0246
根はサイズに見合った量で、まだまだです。
DSC_0253
植え替え後。なにやら丈夫そうです。E. flanaganiiとの関連を疑われたこともありますから、似ているのでしょう。

DSC_0240
Euphorbia squarrosa
「奇怪ヶ島」と呼ばれます。塊根から沢山の枝を伸ばすタイプのユーフォルビアです。ビッグバザールにて入手。

DSC_0247
まだまだ小さい実生苗です。塊根もこれからです。
DSC_0254
植え替え後。すでに生長は始まっています。今年の生長に期待しています。

DSC_0241
Euphorbia cap-saintemariensis
小型の花キリンです。花キリンは好きなのでついつい買ってしまいます。ビッグバザールにて入手。

DSC_0248
実生苗です。根はなかなか良い具合です。
DSC_0255
植え替え後。近縁なE. decaryiやE. boiteauiとの違いが気になります。生長していけば特徴が出るでしょうか?

DSC_0242
フェロシオール
碧厳玉G. catamarcenseの強棘タイプを変種ferox、さらに強い棘のタイプを変種ferociorと呼ぶみたいです。ただ、碧厳玉はかつてG. hybopleurumと呼ばれていたため、現在でもこの名前で流通しています。フェロシオールはG. hybopleurum var. ferociorと表記されることが多いようです。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0249
根の張りは悪くありません。
DSC_0256
植え替え後。すでに生長を始めています。強いトゲを出してほしいものです。

DSC_0243
「鳳頭」
Gymnocalycium quehlianumの1タイプかもしれない鳳頭です。ようやく特徴が出てきました。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0251
塊根性です。しかし、根ジラミがいたので、根を丁寧に洗って殺虫剤をかけました。ユーフォルビアにも根ジラミはついても何故か大して増えませんが、サボテンは油断すると根ジラミだらけになってしまいます。とはいえ、サボテンに根ジラミがつくのは宿業のようなものですから、サボテンを栽培する限り根ジラミとの長い付き合いも覚悟しなければなりません。
DSC_0276
植え替え後。ギムノカリキウムは面白いのですが、残念ながらあまり売っていません。

という訳で、まだ植え替えは続きます。今年はすでに18回も植え替えを記事にしていますから、当ブログを見ている方も少しうんざりしているかもしれませんが、記事を書いている私が一番うんざりしていますので、どうか御容赦のほどお願い申し上げます。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

植え替えも始めてすでに1ヶ月を越え、いつの間にやら100鉢を突破しました。しかし、長く続いた植え替えもいよいよ終盤です。
さて、今回は珍しくアガヴェが登場しますが、適当に育てているのに思いの外綺麗に育っていて少し微妙な気持ちです。メイン多肉植物のユーフォルビアより上手く育っているような気がして、いやはやなんとも言えない訳でして…


DSC_0228
Agave multifilifera
現在大ブームのアガヴェですが、私は集めてはいません。これはビッグバザールでタダでいただいたオマケ苗です。なんとなく育てています。

DSC_0946
最初はこんな貧相な抜き苗でした。
DSC_0229
よく育ちましたね。少し特徴が出てきました。
DSC_0234
根の張りは良好。鉢の形になっています。
DSC_0236
植え替え後。さて、今年はどのくらい育つでしょうか? まあ、最大の特徴であるフィラメントが出てくるのは何年後になるかは分かりませんけど。

DSC_0226
Gasteria carinata
カリナタは生長が早いですね。頭が大きすぎてバランスが悪く、どうにもぐらついてしまいます。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0227
あっという間に大きくなりました。
DSC_0232
根も非常に強いですね。やはり根に勢いがあることは重要です。
DSC_0235
植え替え後。今年の生長にも期待出来ます。今年は初めて開花したので、来年も楽しみです。

DSC_0230
Fockea edulis
「火星人」と呼ばれます。1年目は鉢を破壊しないと取り出せないくらい育ちましたが、今回はどうでしょうか? 東武スカイツリーラインの北越谷駅から歩いてまあまああるシマムラ園芸にて入手。

DSC_0231
最近の塊根の生長は今一つでした。
DSC_0233
根は悪くありませんが、やや貧相です。しかし、蔓の伸びが今一つで、葉も少ないので見合った量かもしれません。
DSC_0237
植え替え後。根域を広くしました。根に問題がないのに蔓が伸びないのは、どうも直射日光を当てすぎたことが原因なような気もします。少し遮光が必要でしょうか…

という訳で相変わらず植え替えしていますが、どうでしょうかね。今年はあと20鉢くらいだと思いますが。いや、それよりも室内の多肉植物をまだ全て外に出せていません。またグダグダしていると終わりませんから、今週末に何とかします。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今年の植え替えもすでに100鉢を超えており、ただの作業のようになってしまっています。植え替えをするロボットのような心境ですが、普段は見ることが出来ない地下部分を見ることが出来る貴重な機会です。特に育成中で埋まったままの塊根の出来は気になるところです。

DSC_0207
Euphorbia confinalis subsp. rhodesiaca
「白雲巒岳」の名前がある非常に美しいユーフォルビアです。ビッグバザールにて入手。

DSC_0211
年に問題はなさそうですが、狭いせいか変な癖がついてしまっています。
DSC_0221
植え替え後。少し長いプレステラに植えましたが、少し狭い感じがしないではないと言ったところです。

DSC_0209
Euphorbia schoenlandii
「闘牛角」と呼ばれますが、ご覧の通り鉢が小さいですね。ビッグバザールにて入手。

DSC_0210
根は鉢に見合った量ですね。
DSC_0222
植え替え後。かなりサイズアップしました。生長は良い方です。

DSC_0215
Euphorbia stellata
「飛竜」の名前で知られています。生長が思わしくなくて去年の春にも植え替えましたが、太い塊根が1本腐っていました。それからは割と調子が良さそうでしたが、ダメージの回復具合が気になるため、植え替えます。オザキフラワーパークにて入手。

DSC_0216
腐り落ちた箇所には大きな傷痕があります。しかし、すでに傷口はふさがり、新たな腐敗はありませんでした。根も豊富です。
DSC_0220
植え替え後。塊根の太り具合はいまいちですから、今年は肥培して太らせます。

DSC_0208
Euphorbia knuthii
「狗奴子キリン」と呼ばれることもありますが、あまり使われていないようです。二子玉川のプロトリーフにて入手。

DSC_0212
根の状態は悪くありませんが、塊根の一部が腐っていました。
DSC_0213
腐っていた部分。すでに皮だけになっていました。冬の間の水やりで加湿になったのかもしれません。
DSC_0214
しかし、新たに形成された塊根の勢いがすごいので、大したダメージにはなりません。
DSC_0217
プレステラ120型では浅いので、右の5号の深鉢に植え替えることにしました。
DSC_0223
植え替え後。相変わらず地上部分はあまり育ちません。しかし、せっかく深い鉢に植えたので、今年は塊根がどの程度まで長く育つのか楽しみです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

3月後半から毎週コツコツ多肉植物の植え替えをしてきましたが、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました。なんと今回で今年の植え替えは100鉢目のアニバーサリーです。いや、別に目出度いという訳ではありませんが、ちょうどいい区切りなので我が家の大物を植え替えることにしました。

記念すべき(?)100鉢目はZamia furfuraceaというメキシコ原産のソテツです。昔ホームセンターにたまたま入荷した小さな実生苗でした。ろくに植え替えもしていないのに(※2回位はした)、いつの間にやら大きくなって、去年ははじめて花を咲かせました。日本では「ザミア・プミラ」の名前で販売されていますがこれは誤りです。ここいら辺の話は記事にしていますから、以下の記事をどうぞ。

さて、それでは早速植え替えを開始します。まずは、Zamia furfuraceaから。
DSC_0186
冬の間は室内に取り込みましたが、葉が広がり邪魔なので縛っていました。今日から紐を取り去り自由になります。
DSC_0187
縛っていた紐を取りました。
DSC_0188
塊茎は大分大きくなりました。しかし、何故か斜めに育ってしまいます。
DSC_0191
花殻がまだありました。種が入っていない「しいな」があったので、どうやら雌株のようです。
DSC_0192
抜くのが大変そうですが、駄温鉢は底の穴を押すだけで簡単に抜けます。しかし、これは大変な根の詰まり具合。9号の朱泥鉢でも狭い感じがします。
DSC_0196
盆栽用のレーキでほぐしていきます。
DSC_0197
根が渦巻いています。長い間植え替えていないのがばれてしまいますね。
DSC_0198
浅い部分にサンゴ根がありました。藍藻と共生しています。Dioonの丸っこいサンゴ根と異なり、よりサンゴっぽい形です。
DSC_0201
根の量がすごいので、駄温鉢では少し浅いような気がします。
DSC_0202
縦長の10号鉢に植えることにしました。
DSC_0204
植え替え後。真っ直ぐに植えました。
DSC_0205
ぐらつきそうですから、少し深植えしました。
DSC_0206
今年も葉を沢山出してほしいですね。ソテツシジミにやられなければいいんですけどね。ソテツシジミは関東地方でも定着しているようですから、かなり
ビビっています。沖縄では海外のソテツにつくカイガラムシが蔓延して、ソテツが結構枯れているみたいですが、北上しないか心配です。


ソテツの害虫の記事はこちらをご参照下さい。

さて、ついでに同じザミアのZamia integrifoliaも植え替えてしまいましょう。すごい斜めに育ちました。どうにもザミアを真っ直ぐ育てるのが苦手です。ちなみに、こちらも「ザミア・フロリダーナ」という名前です販売されていますが、やはりこれも誤りで記事にしていますからご参照下さい。

DSC_0190
Zamia integrifolia
こちらも斜めに育ってしまいます。冬の間、植物用ランプに当てていましたが、それが原因みたいです。

DSC_0189
しかし、一冬でここまで斜めになるのが不思議。
DSC_0193
根はかなり狭い感じで、見た目より大きい鉢に植えた方が良さそうです。
DSC_0195
サンゴ根も出来ていました。やや青みがかっていますね。藍藻が植物用ランプで光合成していたのでしょう。
DSC_0203
植え替え後。真っ直ぐ植えました。取り敢えずプレステラ120に植えました。地上部よりも根が強いので、ちょっと小さいかも。

大物の植え替えが済んでほっとしました。後は小さいものばかりです。そろそろ長い長い植え替えも終わりの気配です。多肉植物の置き場所を増設予定ですが、全く進んでいません。早いところどうにかしないと、さすがに手狭です。植え替えも終わりますし何とかそちらも片付けたいと思っています。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

植え替えは続きます。しかし、すっかり暗くなってきました。露光時間を上げてもあまり明るくなりませんでした。

DSC_0166
Euphorbia griseola
Euphorbia richardsiaeの名前で入手しましたが、どうにも特徴が異なります。調べたところ、グリセオラでした。まあ、これは販売店が間違った訳ではなく、生産者の名札が間違っていたのです。とは言うものの、恐らく生産者は購入した種子に書かれていた名前で名札を作りますから、種子の段階で間違っていた可能性が大です。さらに言えば、種子を作った種苗家が普通にリカルドシアエだと勘違いしているのでしょう。まあ、場合によっては誤った名前の方で広く流通している種類もあるため、その誤りはさらに遡るのかもしれません。
DSC_0175
根は溢れんばかりでした。
DSC_0180
植え替え後。恐ろしい生長が早く、ミニ多肉植物として売られていたとは思えません。まだ、1年なんですけどね。

DSC_0167
Euphorbia groenewaldii × Euphorbia venefica
とても不思議な組み合わせの交配種です。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_0174
根の状態も良好。
DSC_0176
植え替え後。上の方から枝が出てきました。一体どのように育つのやら気になりますね。

DSC_0169
Euphorbia columnaris
難物のコルムナリスです。夏の強光には耐えましたが根張りはどうでしょうか?
DSC_0171
これは非常に弱いですね。弱ってしまったというより、単純に弱いみたいです。 ビッグバザールにて入手。
DSC_0182
植え替え後。今年はどう育てるか考えどころです。

DSC_0168
Euphorbia gymnocalycioides
こちらも難物のギムノカリキオイデスですが、根が干からびた株を購入してしまいました。果たしてどうなっているのでしょうか? ビッグバザールにて入手。
DSC_0173
根はかなりしっかり生えていました。まだ根は少ないですが、イキイキしています。
DSC_0177
植え替え後。根が良いので今年の生長には期待が出来ますね。

DSC_0170
Aloe haworthioides
丈夫なハオルチオイデスはどうでしょうか? コーナン港北インター店にて入手。
DSC_0172
根は浅いみたいです。
DSC_0181
この根の感じだと、盆栽用の浅鉢で群生させた方が面白いかもしれません。

さあ、今週末はいよいよ大物のZamia furfuraceaの植え替えをする予定です。晴れるといいのですが。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

日曜日の植え替えの続きです。夕方になり雨が止んだので、慌てて植え替え再開しました。植え替えは3月からやっていますから、早いところ終わらせたいのですが、終わる気配がありません。

DSC_0124
Pachypodium saundersii
他のパキポディウムとは雰囲気が異なるサウンデルシイですが、丈夫な感じがします。ビッグバザールにて入手。
DSC_0131
根の張りはパキポディウムとしては普通位ですかね。
DSC_0138
植え替え後。マダガスカル原産種どころか、同じアフリカ大陸原産のP. bispinosumやP. succulentumとも特徴が異なりますから、今後の生長が楽しみです。

DSC_0129
Aloe parvula
冬に花を咲かせてくれました。生長が非常に良いので植え替えます。ビッグバザールにて入手。
DSC_0152
根の張りもすこぶる良好。根詰まり一歩手前です。
DSC_0159
植え替え後。論文ではAloe parvulaは嫌石灰植物であるとありましたから、軽石を混ぜない用土に植えました。まあ、日本は水が弱酸性なのでそこまで気にする必要はないかもしれませんが、それで生育が良くなる可能性があるならやるべきと判断しました。

DSC_0147
Aloe somaliensis
去年は日焼けさせてしまったソマリエンシスです。だいぶ回復しましたが、根の状態はどうでしょうか? 鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0154
根には問題がなさそうです。しかし、アロエとしては少し根が弱いように見受けられます。
DSC_0161
植え替え後。株を充実させて夏に負けないようにしたいですね。

DSC_0151
Aloe albiflora
真冬に購入しましたが意外にも開花しました。枯れた葉が多く、断水していた雰囲気がありましたが、根の状態はどうでしょうか? 世田谷ボロ市にて入手。 
DSC_0153
根の状態は良好。狭い位です。やや干からびた根もありましたが。
DSC_0160
植え替え後。恐らくは丈夫なのでしょうから、株を充実させれば沢山の花を楽しめそうです。

DSC_0148
Euphorbia phillipsiae
二株目のフィリプシアエ。
DSC_0156
根の状態は良好です。幹が木質化して、まるで塊根のように見えますね。
DSC_0162
植え替え後。少し幹が見えるように植えました。写真がブレブレですが、実は日が落ちかけており暗いので、露光時間を長くして無理やり明るくして撮影しています。ですから、とにかくぶれやすいのです。

DSC_0149
Euphorbia × curvirama
クルビラマは去年は少し日焼けしてしまいましたが、生長はよかった部類です。ガーデンセンター横浜にて入手。
DSC_0155
根は控えめですが、腐ったりはしていません。
DSC_0163 
植え替え後。相変わらずブレています。


DSC_0150
Euphorbia opuntioides
先端の芽が潰れてしまい、この2年は動きがありませんでした。しかし、カサブタ状の先端から新しい芽がようやく吹いてきました。ファーマーズ三郷店にて入手。
DSC_0158
動きがないので去年も根の状態確認のため植え替えましたが、根はしっかりしていました。今年もご覧の通り問題なしです。生長が止まると根も弱るケースが多いような気がしますから、根が育っているなら復活する可能性があります。
DSC_0165
植え替え後。種小名の「オプンチアのような」とは、つまりウチワサボテン(Opuntia)に似ているという意味です。見た感じは似ていませんが、育つとちゃんと平たい枝が出てくるはず。

DSC_0146
Euphorbia baioensis
急激に育ってから生長が止まったので、根詰まりからの根腐れしてる可能性があります。ガーデンセンター横浜にて入手。
DSC_0157
やはり根をやられているみたいです。
DSC_0164
植え替え後。取り敢えず大きめの鉢に植えました。

といった感じで、毎週植え替えに勤しんでいます。雨が降らなければ今週末に植え替えも終わりますが、なんか駄目っぽいですね。毎週終わる終わると言って終わらないので、この調子だといつの間にやら5月になってしまいそうです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

土曜日は1日雨降りで、植え替えが出来ませんでした。では日曜日にと思いきや、日曜日は朝から仕事で出ていました。朝から雨が降っていましたが、昼頃は晴れ渡る青空となり、午前仕事でしたから帰りにファーマーズ三郷店により、うっかりユーフォルビアを購入してしまいました。帰宅後、植え替えを開始しましたが、大変な目に遭いました。

DSC_0122
Euphorbia poissonii
毒性が高いと言われるポイソニイです。浅い鉢に植えたものが多いため、今年は深い鉢に植え替えています。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0133
根は良く張っていました。
DSC_0143
植え替え後。非常に生長が良く、育てやすいユーフォルビアです。

DSC_0123
Euphorbia tortirama
あまり生長している感じはしませんでした。根はどうでしょうか? 木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_0132
根の張りは良好です。塊根が思ったより太っていました。
DSC_0144
植え替え後。塊根を出しました。今年は枝も伸びてほしいものです。

DSC_0125
Euphorbia knobelii
クノベリイは非常に生長が早いユーフォルビアです。確かオザキフラワーパークで購入したような記憶があります。
DSC_0130
根はよく張っています。鉢が狭かったみたいですね。
DSC_0139
植え替え後。今年の生長も期待出来ます。

DSC_0127
Euphorbia phillipsioides
E. phillipsiaeに似たという意味のフィリプシオイデスですが、ソマリアものにも関わらず非常に丈夫で生長も良好です。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_0134
根張りは非常に良いですね。
DSC_0140
植え替え後。冬の間、3回も花を咲かせました。大変育てやすいユーフォルビアです。

DSC_0128
Euphorbia phillipsiae
フィリプシアエは最近生長が鈍っていました。確かサカタのタネが経営しているガーデンセンター横浜で購入したような気がします。
DSC_0135
しかし、根は非常に強く状態は良好です。
DSC_0137
植え替え後。今年はもう少し生長してくれると嬉しいのですが…

DSC_0126
子吹きシンメトリカ
子が少し邪魔になりつつあります。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_0136
抜いてみたら実生が生えていました。恐らくは、両生花で自家受粉したE. knobeliiでしょうね。
DSC_0141
植え替え後。今後、子を外すか考えなくてはなりませんね。実生は別に植えました。

植え替えるために鉢から抜いて写真を撮っていたところ、すごい早さで空に暗雲が立ち込め始めました。すると、雷鳴がとどろき叩きつけるような土砂降りになりました。取り敢えず、抜きっぱなしには出来ませんから、ずぶ濡れになりながら植えるだけ植えました。しばらくはとんでもない雨量で雷も偉い頻度で鳴り続け、こりゃあ今日の作業はここまでかと思いました。しかし、あっという間に空が明るくなり、パラパラと雨が降る天気雨になりました。まるで、熱帯雨林のスコールのようでしたね。やがて雨も止みましたから、植え替え後の写真を撮影して植え替えを再開しました。まあ、風邪は引きましたがね。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

本日は大物を植え替えます。というか、まだ植え替えが終わりません。なんと鉢が尽きました。私の見積もりが甘いだけかもしれませんが…

DSC_0084
Aloe peglerae
いかにも窮屈な感じがします。去年は急激に育ちました。葉が多くなり水やりが少し難しい感じがします。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。

DSC_0090
根の状態は悪くありませんが、鉢底まで根がまわっていました。
DSC_0091
植え替え後。4号鉢から6号鉢にスケールアップしました。
DSC_0092
水やりしやすくなりましたね。もっと葉の枚数が増えてペグレラエらしい姿になるまでにどれくらいかかるでしょうか?

DSC_0086
Pachypodium densiflorum
枝が伸びまくるデンシフロルムです。花茎もビョンビョン伸びていますね。今は亡き近所にあった園芸店にて入手。

DSC_0088
育つのが早いというか、異様に縦長に育ちました。本によるとパキポディウムは生まれつき縦長になったり、潰れて育ったり様々な個性があるみたいです。私のデンシフロルムはただ単純に徒長しているだけではなく、苗の内から細長く縦長で、枝の角度もあまりに上向きでした。
DSC_0087
しかし、この感じは非常に不味い。果たして鉢から抜けるのか心配になります。
DSC_0094
抜けました。というか、鉢をハンマーで叩きながら、結構時間をかけてです。結構難儀しましたね。
DSC_0095
カチカチです。
DSC_0096
盆栽用のレーキを用い、熊手部分で根を崩したり、ヘラ部分で突き刺したりして徐々にほぐしていきます。
DSC_0097
しかし、根元の太い根の周囲はまったくほぐれずお手上げ状態です。仕方がないので、最終的にジェット水流で固まった用土を除きました。水はけが悪くなり腐っても困りますからね。
DSC_0098
植え替え後。10号鉢に植えました。大きすぎる気もしますが、どうせ何年もこのままなので…
DSC_0099
地上部が大きすぎてバランスが悪く、根が張るまでぐらつくので、しばらくは縛って固定しておきます。

そう言えば、このデンシフロルムで今年の3月末から始めた植え替えもちょうど80鉢目(たぶん)となりました。まだ、植え替えは続きますが、記念すべき(?)100鉢目はやはり我が家では大物のZamia furfuraceaを植え替える予定です。去年は初めて開花したりと頑張ってくれました。あまり植え替えをしていないので、さすがに頃合いですかね。



ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

植え替えはまだ続きます。まるで、果てがなく終わりがないようですが、すべてを植え替えする訳ではありません。今週末には終わらせたいところです。今回はサボテンがメインです。

DSC_0059
Gymnocalycium intertextum
ちょっと端に移動してしまいました。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0067
根の状態は良好です。
DSC_0079
植え替え後。インターテクスツムはトゲが暴れていていいものです。

DSC_0064
Gymnocalycium gibbosum subsp. borthii
潰れた形が楽しいボルティイです。こちらも鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0074
塊根が非常に発達しています。地上部より根に水分を貯蔵してます。なにやら、エチゼンクラゲみたいですね。
DSC_0075
植え替え後。普段は見えませんが、塊根は切らずに残します。

DSC_0058
瑞昌玉
Gymnocalycium quehlianumらしいとされているサボテンです。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_0069
根は非常に良いのですが、根ジラミがちょろっといました。一応、根を洗いましたが…
DSC_0080
植え替え後。浸透移行性殺虫剤撒いておきましたが、効果のほどは不明です。

DSC_0060
バッテリー
最近よく見るタイプのバッテリーです。何故か鳥についばまれてしまい傷があります。またまた、鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0073
塊根がありますね。
DSC_0082
植え替え後。バッテリーは割と異なるタイプがあり面白いギムノです。

DSC_0063
新鳳頭
Gymnocalycium quehlianum系とされることもあります。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0068
根は渦巻いています。短い鉢に植えていたので曲がってしまいました。
DSC_0081
植え替え後。新鳳頭はまだ小さいので特徴が出るのはこれからです。

DSC_0065
Euphorbia robecchii
何故かE. robechchiiの名前で販売されることもあります。購入時、水を切られていたのか根が干からびていました。ビッグバザールにて入手。

DSC_0071
根が生えてきましたね。ご覧の通りの実生苗です。購入時には双葉がまだついていました。
DSC_0077
植え替え後。根は復活したので、今年は地上部が生長して欲しいものです。

DSC_0061
貴青玉錦 Euphorbia meloformis cv.
E. meloformis系の交配種を貴青玉と言いますが、その貴青玉の斑入りのものです。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0072
根には問題がありません。
DSC_0076
植え替え後。貴青玉錦は斑入りにも関わらず非常に丈夫で、強光にもよく耐えます。どうやら、完全に葉緑体が抜けている訳ではなく、斑の下に葉緑体があって光合成をしているそうです。

DSC_0062
Pachypodium eburneum
去年の夏に調子を落としました。ぐらついていたので、根をやられたのは分かりますが、その原因は水のやりすぎではなく水が少なかったからみたいです。葉の生長が止まって、幹が凹んで、それから根という順番でしたからね。武蔵野線の三郷駅近くにあるファーマーズガーデンにて入手。

DSC_0070
ご覧の通り、元からあった根は死にました。変なところから新しい根が出ています。
DSC_0078
植え替え後。幹は凹むと完全に元には戻らないと言われますが、苗だからなのか完全に元通りに復活しました。新しい根は貧弱なので、まずは根を育てなければなりませんね。

私はユーフォルビアがメインでサボテンはギムノカリキウムを少々育てているだけです。昔、少しだけサボテンを育てていましたが、現在は様々な多肉植物を育てて考え方を改めました。サボテンは主根を切って細根を生やしたほうが育ちが良いとされ、私も昔はそうしていました。しかし、今は根を整理せずに植え替えしています。基本的に太い根には水や養分を吸収する働きはなく、体を大地に固定したり、地下深くまで根を張るための土台でしかありません。ですから、細根を出させた方が生育が良好なのは頷ける話です。自生地ならいざ知らず、栽培環境では太い根は不要な存在でしょう。塊根に至っては水分の貯蔵のためのものですから、栽培環境ではやはり不要な存在です。しかし、サボテンもまた多肉植物・塊根植物の1つとして捉えるならば、太い根を切らずに育てるのも野趣があり面白いのではないかと思い、あえて根を切らずに育てています。まあ、サボテンの塊根は表に出して観賞するものではありませんから、植え替えの時しか見ることが出来ませんが。まあ、私自身は早く大きく育てたいという訳でもないので、ゆっくりでも面白く育ってもらえればそれでいいのです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今回はハウォルチアの残りと、ツリスタ、アストロロバを植え替えます。

DSC_0030
Haworthiopsis glauca var. herrei RIB 0217
グラウカの変種ヘレイです。フィールドナンバーのRIBは調べても出てきませんが、RIBとはRecorded by Ingo Breuerのことみたいですね。硬葉系ハウォルチア。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0042
根の張りはまあまあです。
DSC_0049
植え替え後。根がすでに出ている子を1つ外しました。硬葉系ハウォルチアはいまいち人気がありませんが、こういう青白いのは人気が出そうな気もします。

DSC_0038
Haworthiopsis koelmaniorum
コエルマニオルムは、遺伝子解析結果では硬葉系ハウォルチアの中でも独特の立ち位置です。窓はありますが、Haworthiopsis venosaの仲間と近縁というわけでもありません。ビッグバザールにて入手。

DSC_0043
根は強めです。
DSC_0053
植え替え後。コエルマニオルムが綺麗なのは今だけで、遮光していても常に真っ赤になり窓が分かりにくくなります。

DSC_0036
"Haworthia triangularis"
実在にこの名前のハウォルチアは存在しません。どうやらHaworthiopsis viscosa系みたいですね。川崎市のタナベフラワーにて入手。

DSC_0047
根はかなり張っていました。
DSC_0056
植え替え後。ちょっと日が足りていない模様です。

DSC_0031
Tulista minor Swellense
かつては、硬葉系ハウォルチアとされていたツリスタです。"Swellense"は採取された産地の名前で、イボ(結節)が目立ちます。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0041
根は少ないですね。去年の生長が今一つだったせいでしょう。
DSC_0054
植え替え後。去年は日焼けこそしませんでしたが、少し日に当てすぎていじけてしまいました。今年は適切な日照で綺麗に育てたいものです。

DSC_0032
Tulista minor
こちらは一般的なタイプです。横浜のコーナン港北インター店にて入手。

DSC_0040
根の張りは良好。
DSC_0050
植え替え後。こちらの生長には問題がありません。

DSC_0033
Tulista marginata
マルギナタの小苗です。まだ、葉は回転していません。イボ(結節)も控えめですが、将来はどのように育つでしょうか。コーナン港北インター店にて入手。

DSC_0044
根には問題がなさそうです。
DSC_0051
植え替え後。去年はあまり動きがありませんでした。しかし、根の状態がいいので今年の生長には期待が出来ます。

DSC_0037
Astroloba spiralis
「ハリー」の名前で入手しました。いわゆるAstroloba halliiですが、これは裸名(nom. nud.)なので正式なものではありません。Astroloba pentagonaやAstroloba spirelaも、スピラリスで統一されました。ビッグバザールにて入手。

DSC_0046
根は細いものは枯れがちでした。
DSC_0055
植え替え後。割と大型なので鉢も見合うサイズにしました。

DSC_0034
Astroloba foliolosa
「フォリオサ」の名前で入手しました。間違いですがそう呼ばれがちみたいです。ビッグバザールにて入手。

DSC_0048
根は貧弱です。
DSC_0052
植え替え後。どうしても斜めに育ってしまいます。そもそも根が斜めに生えているので難しいところです。

DSC_0035
Astroloba rubriflora
かつてはPoellnitzia rubrifloraでした。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0045
根はやはり貧弱。
DSC_0057
植え替え後。そろそろ、Astrolobaとしては異質な赤い花を見てみたいところです。

DSC_0083
今年のハウォルチアとツリスタ、アストロロバの植え替えはこれでおしまいです。後はユーフォルビアとアロエがまだ残っています。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

相も変わらず、終わりの見えない多肉植物の植え替えに勤しんでいます。今回はハウォルチアばかりです。

DSC_0007
十二の巻
Haworthiopsis attenuata系交配種です。硬葉系ハウォルチアはHaworthiopsisとなりました。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0017
根はまずまずのところです。
DSC_0023
植え替え後。十二の巻はつい買ってしまいます。このようなノーマルタイプが一番形が整っています。

DSC_0003
Haworthiopsis attenuata
「特アルバ」という選抜タイプ。新羽駅近くのヨネヤマプランテイションにて入手。

DSC_0018
根の張りは良好。
DSC_0021
植え替え後。バンドは強いのですか姿は乱れがちです。

DSC_0002
Haworthiopsis fasciata DMC 05265
こちらはアテヌアタ系ではなくファスキアタです。フィールドナンバーつきです。ビッグバザールにて入手。

DSC_0019
根の張りは非常に良いですね。
DSC_0066
植え替え後。DMCナンバーはDavid Cumming氏の採取個体です。早くも花茎が伸びて来ました。

DSC_0004
竜城 Haworthiopsis viscosa
そう言えば、入手したのは冬で以前植え替えた時には根がほとんどありませんでしたね。硬葉系ハウォルチア。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0012
根の張りは結構いいみたいです。
DSC_0029
植え替え後。これでも入手から倍くらい伸びました。

DSC_0010
五重の塔 Haworthiopsis tortuosa
埼玉県のシマムラ園芸にて入手。

DSC_0011
根の張りは良好。
DSC_0028
植え替え後。そう言えば、五重の塔はHaworthiopsis viscosa系の雑種と考えられており、現在はHaworthiopsis × tortuosaとなっているようです。

DSC_0008
Haworthiopsis reinwardtii f. kaffirdriftensis
「鷹の爪」(Haworthiopsis reinwardtii)の品種(form)です。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0013
根の張りは良好。購入時にあった真下に伸びる根はすべて枯れて、新しい根と入れ変わったみたいです。
DSC_0024
植え替え後。2つに分けました。H. reinwardtii系は今後集めたい硬葉系ハウォルチアです。

DSC_0006
風車 Haworthiopsis scabra var. starkiana
Haworthiopsis scabraのざらつきがない変種です。この個体は葉が短く太ったタイプ。硬葉系ハウォルチア。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0015
根は太く荒い感じがします。
DSC_0025
植え替え後。自生地では強光に当たり黄色くなりますが、中々日焼けが怖くて自生地の姿を再現出来ません。

DSC_0009
Haworthia herbacea
小さい沢山の窓と短い禾があるタイプの軟葉系ハウォルチアです。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_0014
根は太ったものでした。
DSC_0026
植え替え後。子株がいくつか出来ていますね。

DSC_0005
Haworthia magnifica var. notabilis JDV 87/197
Jakobus D. Venter氏の採取個体です。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_0016
根は割と枯れていました。
DSC_0022
植え替え後。子を外しました。しかし、どうにも水っぽくて葉がポキポキ折れてしまいました。現在はHaworthia maraisiiの変種Haworthia maraisii var. notabilisとなりました。

さて、植え替えはまだ続きます。しかし、ハウォルチアは鶴仙園さんばかりですが、いつ行ってもハウォルチアだらけなのでついつい買ってしまいます。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

まだまだ植え替えは続きます。今回はちょっと大きいものもあります。

DSC_2451
Aloidendron ramossimumです。なにやら大きな鉢に植わってます。年末の木更津Cactus & Succulentフェアで入手しました。
DSC_2454
根はかなり太いですが、枯れた根も結構ありました。Aloidendron dichotomumもそうですが、根は荒い感じがします。
DSC_2484
植え替え後。生育は遅いので、じっくり付き合っていきたいですね。

DSC_2452
Dioon spinulosumですが、非常に生育が良いので植え替えます。武蔵野線の三郷駅近くにあるファーマーズガーデンで入手しました。
DSC_2453
根の張りが良好です。
DSC_2456
よく見ると、ソテツに特有のサンゴ根が出来ていました。
DSC_2485
植え替え後。4号鉢から6号鉢にグレードアップしました。涼しげで美しいソテツです。100年以上前にメキシコでD. spinulosumを探したCharles J. Chamberlainが絶賛したことも頷けます。

DSC_2497
Euphorbia fianarantsoaeです。あまり見かけない花キリンです。この前のヨネヤマプランテイションの多肉植物BIG即売会で入手しました。
DSC_2503
根は少ないですね。
DSC_2506
植え替え後。このタイプの花キリンは周年花が咲く可能性がありますから、株を充実させたいですね。

DSC_2496
Euphorbia viguieri var. capuronianaです。一応は花キリンです。この間のビッグバザールで入手しました。

DSC_2502
水はけの悪いピートモス系の用土に植えられていました。腐らせそうなので根を洗いました。
DSC_2507
植え替え後。Euphorbia viguieriはすでに育てていますから、どう違うのか実際に比べてみたいですね。

DSC_2495
昭和キリン、Euphorbia bubalinaです。ヨネヤマプランテイションで入手しました。
DSC_2501
根は結構下の方にありました。
DSC_2508
植え替え後。この仲間には失敗経験がありますから、徒長させないように育てたいものです。

DSC_2498
Euphorbia silenifoliaです。かなりの難物と聞きます。ファーマーズガーデンにて入手。
DSC_2500
根は意外としっかりしていました。
DSC_2509
植え替え後。3年ほど育てていますが、あまり育った実感はありません。維持していると言った方が正しいかもしれませんね。花咲かないかな…

DSC_2499
一般的にEuphorbia francoisiiの名前で流通している花キリンです。実はEuphorbia decaryiで、E. decaryiの名前で販売されているのはE. boiteauiということです。シマムラ園芸で入手。
DSC_2504
根はかなり太っています。というか、根の勢いが凄いですね。
DSC_2505
植え替え後。どうにも根が縦に長くなってしまいます。むしろ、長い鉢に深植えして、地中で塊根を肥らせた方が面白いかもしれませんね。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今日も植え替えです。今回は小物ばかりです。

DSC_2461
Gymnocalycium andreae var. leucanthum LB15239です。フィールドナンバー付きです。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_2475
根はこんな感じ。太いゴボウ根がありますね。
DSC_2489
植え替え後。Gymnocalycium andreae(黄蛇丸)は黄花ですが、var. leucanthumはleuco=白ですから、白花ですかね?

DSC_2459
Euphorbia gamkensisの小苗です。しかし、用土が細かいせいか、水やりする度に苗が右に左に移動してしまいます。ビッグバザール購入品。
DSC_2468
根はこんな感じ。まだ苗なのでこんなもんでしょう。
DSC_2493
植え替え後。ちと用土の粒が大きすぎますが、細粒はないので仕方がありません、タコものらしくなるまで、あと何年かかるでしょうか?

DSC_2458
Pachypodium graciliusの小苗。育ったような育たなかったような…。ビッグバザール購入品。
DSC_2467
意外と根の張りは悪くありません。干からびそうなので、甘やかしてきました。
DSC_2487
植え替え後。鉢が大きすぎますが、今年は頑張って欲しいところ。

DSC_2463
Euphorbia greenwayiですが、手前の2本は最近伸びてきた枝です。ビッグバザール購入品。
DSC_2472
鉢から抜くと新しい枝が沢山出ていました。
DSC_2494
植え替え後。非常に美しいユーフォルビアですが、生育が旺盛で嬉しく限りです。

DSC_2465
Euphorbia resiniferaですが、生長が始まっています。こちらも鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_2471
根は地上部に比べて貧相ですね。
DSC_2469
一緒に謎の多肉植物が生えていました。
DSC_2491
植え替え後。自生地ではマット状に広がりますが、再現できませんね。謎多肉はニグラの鉢に植えました。

DSC_2462
Euphorbia ellenbeckiiです。年末に千葉で開催された木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_2470
根は非常に繊細で絡み付くような長いものでした。あと、枝がぽろっととれてしまいました。
DSC_2486
植え替え後。取れた枝も植えました。

DSC_2460
Haworthiopsis nigra IB12484です。プラ鉢のスリットから地下茎で芽が出ていたものを独立させたものです。ですから根なしの株でした。今回は根が出たか確認します。
DSC_2474
抜いてみたら根がちゃんと出ていましたね。
DSC_2488
植え替え後。謎多肉も同居させました。

DSC_2466
Euphorbia caput-medusaeです。抜く前の写真を取り忘れました。これでもだいぶがっちりとしました。埼玉県のシマムラ園芸にて入手。
DSC_2490
植え替え後。まだ、タコものらしさはありませんが、すでに花は咲いています。今年もすでに花芽が出来ています

という訳で、ちまちま植え替えています。何だかんだで4月は植え替えで終わってしまいそうな予感があります。屋外の多肉植物置き場の整備がまったく進んでおらず、毎週やるやる言っているだけでダメですね。そう言えば、原材料の輸入の関係か資材が入手出来なくて困っています。どしたものやら…


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

先週は雨で植え替えが出来なかったので、相変わらず植え替えに勤しんでいます。根の状態の確認も出来ますし、塊根の生長は割と楽しみだったりします。

DSC_2434
Euphorbia didiereoidesですが、先週ルームズ大正堂八王子店で購入したばかりの花キリンです。園芸店で冬を越したように感じますが、根の状態はどうでしょうか?
DSC_2448
意外に根の状態は悪くありませんでした。まあ、鉢が狭い感じはありますが…
DSC_2476
植え替え後。だいぶ用土が増えたので、これからは根を充実させていきます。しかし、花キリンにしては激しいトゲです。

DSC_2435
同じくルームズ大正堂八王子店で購入したばかりのユーフォルビアです。Euphorbia sp. nova. somalia hordioというラベルがありました。
DSC_2449
2株が植わっていました。しかし、やたらにぐにゃぐにゃ変な角度で植えられていました。挿し木なんでしょうけど、なんか大雑把な仕事です。
DSC_2483
植え替え後。2鉢に分けました。なんか枝が暴れ勝ちですよね。樹形を整えるのに苦労しそうです。

DSC_2438
Euphorbia sapiniiですが、雑草の勢いの方が激しく負けてしまっていますね。いつぞやのビッグバザールにて入手。
DSC_2444
抜いてみたら、なにやらマンドラゴラ感が強い塊根でした。根の先端が鉢底に当たってしまっていたようです。
DSC_2481
植え替え後。少しだけ出しました。いや、出す必要はなさそうですが、直ぐに根が鉢底に達してしまいそうなので。去年は葉が3枚しか出ませんでしたが、初めてトゲも出ました。今年の生長が楽しみなユーフォルビアだったりします。

DSC_2440
Pachypodium brevicaule、いわゆる「恵比寿笑い」です。なにやら鉢が狭く見えます。神代植物公園の多肉植物展で入手。
DSC_2446
根はパンパンでした。完全に根詰まりする前に植え替え出来てよかったです。
DSC_2477
植え替え後。他のパキポディウムより弱いようなことを言われますが、若い内は非常に丈夫です。

DSC_2441
Pachypodium brevicalyxですが、パキポディウム苗の中でも生長が著しいので、根の方も詰まっていそうです。確か横浜のヨネヤマプランテイションの多肉植物BIG即売会で購入したような記憶があります。
DSC_2447
根が完全に鉢の形になっています。
DSC_2482
植え替え後。今年もぐんぐん生長して欲しいですね。

DSC_2439
Pachypodium enigmaticumですが、標準的な生長具合です。葉は冬でも割と残りました。こちらは、ビッグバザールで入手。
DSC_2445
根はそれほどでもないですね。
DSC_2480
植え替え後。ちょっと大きめの鉢に植えました。パキポディウムの中では大きめの花が咲くエニグマティクムですがまだ未開花です。一時は偽物も出回ったといいますから、早く花を拝んでみたいところです。

DSC_2436
スーパーゼブラとラベルにはありますが、いわゆる「十二の巻」の選抜タイプです。Haworthiopsis attenuata系品種です。世田谷ボロ市にて入手。DSC_2442
根は貧弱でしたが、すでに動き始めています。
DSC_2478
植え替え後。十二の巻は正直人気がありませんが個人的には大好きなので、気になる株があればまた買ってしまうかも…

DSC_2437
Euphorbia tulearensisですが、葉はやたらと増えるものの幹はあんまり変わりません。鶴仙園西武池袋店で入手。
DSC_2443
塊根がかなり発達していました。植え替えごとに少しずつ出していきます。
DSC_2479
植え替え後。一気に立派になりましたね。トゥレアレンシスは(花キリンとしては)割と高額ですが、実は恐ろしく丈夫で育てやすい花キリンです。

DSC_2450
今回はここまで。とは言え、まだまだ植え替えは続きます。十分な数の鉢を準備したつもりが、すでに足りなくなりそうです。取り急ぎ入手しなくては…


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

植え替えをしたいのですが雨続きで困ってしまいます。土曜日は夕方に雨が止んだので、少しだけ植え替えをしました。しかし、直ぐに暗くなってしまったので、植え替え出来たのはほんの少しだけです。

DSC_2399
今回はこれだけです。

DSC_2400
Pachypodium makayensis
いわゆる「魔界玉」です。冬の間にあまり葉は落ちませんでしたが、暖かくなってきたせいか古い葉が落ち始めました。ビッグバザールにて入手。
DSC_2408
暗くなってきたのでピントが合いませんね。しかし、根の張りは非常に良いです。
DSC_2417
植え替え後。新しい葉がわずかに出始めています。良く見ると花芽が上がって来ています。

DSC_2405
Pachypodium windsorii
葉がちょっとだけ残りました。ビッグバザールにて入手。

DSC_2409
こちらも根の張りは非常に良いですね。
DSC_2419
植え替え後。丈夫ですが育つのはゆっくりみたいです。

DSC_2403
バリダ
バリダはEuphorbia validaとかEuphorbia meloformis var. validaとか言われますが、今はEuphorbia meloformisの範囲内とされています。鶴仙園西武池袋店にて入手。

DSC_2414
根の状態は良好。
DSC_2421
植え替え後。バリダは育てやすくて外見も良くていい多肉植物です。

DSC_2402
インファウスタ
Euphorbia infaustaと呼ばれますが、やはりEuphorbia meloformisに含まれてしまっています。プロトリーフで購入したような気がします。

DSC_2413
根の状態はこちらも良好。
DSC_2416
植え替え後。子を外すかどうか悩みどころです。

DSC_2407
Euphorbia polygona var. noorsveldensis
ホリダ系です。ビッグバザールにて入手。

DSC_2412
若い実生苗です。根の状態は悪くないですね。
DSC_2420
植え替え後。冬に入手しましたから、生長はこれからです。今年の生長が楽しみです。

DSC_2406
Euphorbia clavarioides var. truncata
「神蛇丸」と呼ばれています。少し徒長気味です。ビッグバザールにて入手。

DSC_2410
暗いので露光時間を長くしたせいでブレブレ。
DSC_2422
植え替え後。生長は遅いので締めて育てたいですね。

DSC_2404
Euphorbia pachypodioides
最近は生長が鈍り勝ちです。埼玉県のシマムラ園芸にて入手。

DSC_2411
思ったより根が細いですね。
DSC_2424
植え替え後。やや安定感がなかったので、少しだけ深植えしました。

DSC_2401
× Astrolista bicarinata
「天守閣」の名前もあります。異名であるスキンネリーの名前が使われ勝ちです。Astroloba × Tulistaの自然交雑種です。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_2415
根は硬く荒い感じがします。
DSC_2423
植え替え後。枯れた葉を取り除きました。

今年の植え替えはもう少し早く始めるつもりでしたが、うっかり忘れていてまだ始めたばかりです。まだまだ終わりませんから、雨が降ってしまうと遅れてしまい困ったものです。屋外の多肉植物置き場をそろそろ整備する必要もあります。何かと時間ががなくて困りますが、来月はイベントに出るのを少し抑えて、色々作業しなければならないでしょうね。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

昨日の続きで、植え替えをしています。

_20230322_000925
そういえば、レンギョウがいつの間にか咲いていました。

DSC_2343
今回はこんな感じ。バラエティー豊かなラインナップ。

DSC_2344
Pachypodium bispinosumです。去年の植え替えではPachypodium succulentumは根が鉢底に当たってしまっていたので、こちらも気になるところです。
DSC_2345
やっぱり窮屈な感じです。しかし、何やら足が生えているみたいですが…
DSC_2346
植え替え後。細根が上の方にあるため、あまり塊根は出せませんので、少しだけ塊根を出しました。

DSC_2347
Euphorbia longetubeculosaですが、根の状態はどうでしょうか?
DSC_2348
挿し木ではなくて、実生苗だったみたいですね。
DSC_2349
植え替え後。まだ根が少なく枝分かれしていませんから、安定感はいまいちです。なので、やや深植えしました。

DSC_2350
Euphorbia decaryiです。正しくはEuphorbia boiteauiですが、これだけE. decaryiの名前が流通してしまうと、今さらの変更は混乱を引き起こすだけかもしれません。というのも、E. francoisiiと呼ばれているユーフォルビアが、正しいE. decaryiだからです。
DSC_2351
実生苗ですね。挿し木苗はよく売っていますが、実生苗はあまり見ません。
DSC_2352
植え替え後。しかし、何故か実生苗より挿し木苗の方が丈夫で生長が早かったりします。なんとなく理由は分かりますが、確証を得るために少し調べてみます。

DSC_2353
Aloe bakeriは根がやられていました。どうやら、化粧砂の下に水捌けの悪い用土が入っていたので、常に湿った状態となってしまったみたいですね。
DSC_2354
植え替え後。しばらくは乾かしてみます。

DSC_2355
Stephania erectaです。まあ、実際にはStephania pierreiが正しい学名だったりします。なぜ、S. erectaの名前が流通しているのかは分かりません。
それはそうと、一見して何も植わっていないように見えますからすっかり忘れていて、12月末くらいまで外に出しっぱなしでした。生きているか不明な状態。

DSC_2356
意外と平気でしたね。
DSC_2357
植え替え後。よく考えたら普通の観葉植物の土でも良かったかも。

DSC_2359
Euphorbia groenewardiiです。ただの奇妙な棒のようですが…。ビッグバザール購入品。
DSC_2360
根は割としっかりしていました。
DSC_2361
植え替え後。本来はトゲが出るはずなんですよね。冬に入手しましたから、今年の生長が楽しみ。

DSC_2383
Aristaloe aristataですが、実に混んでいます。鉢より大きいため、水やりしても水やり出来ているのかよく分かりませんでした。ビッグバザール購入品。
DSC_2384
子は陰になり徒長気味です。
DSC_2385
子を外しました。
DSC_2393
植え替え後。分けて植え替えしましたが、何か増やしても意味がないような
気もします。欲しい人もそうそういないでしょうし。


DSC_2362
Dioon eduleです。生長が非常に遅いらしいですね。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。
DSC_2363
根はこんな感じ。
DSC_2365
良く見ると根粒があります。ソテツの仲間はシアノバクテリアと共生関係を結んでおり、その根粒をサンゴ根とか呼んでいますね。育つと本当にサンゴ状の塊になります。
DSC_2367
植え替え後。少しだけ塊茎を出して、鉢も大きめにしました。焦らずじっくり付き合うことにします。

DSC_2368
フィールドナンバー付きのギムノカリキウム。
左はGymnocalycium friedrichii VoS 01-017/a、右はGymnocalycium mihanovichii VoS 01-007です。木更津Cactus & Succulentフェアにて入手。

DSC_2369
根張りは悪くない感じです。
DSC_2370
植え替え後。うっかり、根を乾かさないで植えてしまいました。しばらくは乾燥させておきます。

DSC_2371
植え替え後。しかし、まだまだ植え替えしなくてはいけない多肉植物は沢山あります。鉢と用土はたんまりあるので、休日は植え替えばかりする羽目になりそうです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

すっかり植え替えを忘れていて、しかも土がないという失態を犯したので、ホームセンターで色々買ってきました。赤玉土と鹿沼土をベースにして、軽石、くん炭、堆肥を混ぜこんだ用土です。

DSC_2336
これだけ買えばきっと足りるはず…

DSC_2340
そういえば、怪魔玉に花が咲きました。怪魔玉は冬も屋外栽培です。霜にあたって葉が落ちましたが、花だけ咲いています。完全放置でしたが。

DSC_2341
こちらも野外組。霜にあたってオブツーサもそれなりにダメージはあった模様。

DSC_2342
同じく野外組の竜鱗。

DSC_2372
さて、さっそく植え替え開始。まずは孔雀丸Euphorbia flanaganiiから。何故か冬に枝が枯れがちになります。
DSC_2373
抜いたら意外と根が下の方にあり、浅い鉢だったので根の広がるスペースが狭かったみたいです。
DSC_2390
植え替え後。深い鉢に植えたので、根のスペースは十分なはず。

DSC_2374
Euphorbia clavigeraですが、あんまり根がない状態で購入しました。枝はあまり伸びませんでしたが、どうでしょうか? 木更津Cactus & Succulentフェアで入手。
DSC_2375
抜いてみると、塊根がかなり太っていました。どうやら、根が鉢底に当たって曲がってしまったようです。
DSC_2389
植え替え後。少しだけ塊根を出しました。今年は枝も伸びて欲しいものです。

DSC_2381
Aloe spectabilisです。小さい抜き苗でしたが、思いの外生長が早く狭い感じがします。ラフレシアリサーチさんのオマケ苗。
DSC_2382
幹が出来ていますね。根張りは良好です。
DSC_2392
植え替え後。生長が早いので大きめの鉢に植えました。

DSC_2386
Euphorbia obesaも植え替え。最近は生長が今一つで、老化が進んでいます。
DSC_2388
根は貧弱。植え替え時ですね。
DSC_2394
植え替え後。まだまだ老化に負けず頑張って欲しいものです。

DSC_2377
Operculicaryaの何か。O. borealisの名義で入手しましたが、少し特徴が異なる気がします。しかし、芋がはみ出しています。 
DSC_2378
やっぱり根が底に当たって曲がっちゃいますよね。底でとぐろを巻いてしまうという話はよく聞きます。
DSC_2380
やたらに長いポリポットに植えることにしました。
DSC_2391
植え替え後。さすがにこれで大丈夫なはず。

というわけで、少し植え替えをしました。もう少し植え替えましたが、長くなりすぎたので明日に続きます。しかし、様々な種類の鉢を用意しておいて良かったです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今年も植え替えをしなくてはならないのですが、すっかり忘れていていつの間にやら3月も終わってしまいます。あわてて植え替えようと思ったのですが、肝心の土がちょろっとしかありませんでした。仕方がないので、取り敢えず少しだけ植え替えしました。

DSC_2317
本日はこれだけ。

DSC_2318
先日、横浜にあるコーナン港北インター店で購入したばかりの多肉植物たちです。傷んだものもあった中からいいやつを選びましたが、根の状態が心配ですから最優先で植え替え。
DSC_2324
まずは、十二の巻から。根の張りは悪いものの、腐っている感じはありませんでした。むしろ、カラカラに乾いていて痩せているパターンみたいです。
DSC_2330
植え替え後。鉢も大きくしました。乱れた荒いバンドがワイルドでいい感じです。

DSC_2328
植え替え後のGasteria glomerata。割と良い状態でした。よく見ると根元に子供が吹いています。植え替え前は埋もれて気が付きませんでした。

DSC_2320
植え替え前のTulista marginata。去年、少し焦がしました。その後、調子を落としていましたから植え替えました。鶴仙園西武池袋店にて入手。
DSC_2327
植え替え後。根張りは今一つでした。今年はきれいに育てたいものです。

DSC_2319
植え替え前のAloe descoingsii。Ruchiaさんから購入したので、根に問題はないでしょう。ただ、枯れ葉が邪魔なので植え替えついでに取り外します。
DSC_2326
植え替え後。枯れ葉を除いてすっきりしました。

DSC_2322
去年のクリスマスイブに木更津Cactus & Succulentフェアで購入したEuphorbia balsamifera。妙に乾きやすい土に植わっていたので気になっていました。
DSC_2323
根は割と貧相でしたが、弱った感じはありません。
DSC_2329
植え替え後。枝分かれさせてこんもりとした感じに育てたいものです。

DSC_2321
植え替え前のEuphorbia handiensis。去年の冬のサボテン・多肉植物のビッグバザールで購入しました。おそらく、E. balsamiferaと同じ業者さんから購入。
DSC_2325
少しネジラミがいました。根を流水でこすり洗いしましたが、通常はこの物理攻撃が一番効きます。しかし、根がゴツゴツしているため、何やらすべて取りきれた気がしません。
DSC_2331
植え替え後。根に殺虫剤を吹き掛けて、用土に浸透移行性殺虫剤を仕込みましたが、効果の程は分かりません。

DSC_2315
そういえば、庭の乙女椿が満開でした。樹は小さいですが、今年は咲き年のようです。

DSC_2316
普及種ですが花の形が非常に整った良い品種です。

まだまだ植え替えしなくてはならない多肉植物は沢山ありますから、徐々にやっていきます。いや、まずは用土を買い込まなくては。まあ、こんな風にぐずぐずやっていると、あっという間に夏になってしまいそうです。


ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村

今年は多肉植物の植え替えを一度にやってしまおうということで、100鉢以上をちまちま植え替えしてきました。とはいっても、植え替えるのは2年以上植え替えていない鉢と、窮屈そうな鉢のみですが…。しかし、ようやく今日でそれも終了です。
一鉢二鉢の植え替えは基本的に記事にしていませんが、一度に沢山植え替えた時は記事にしています。

2/27にハウォルチアの仲間を中心に、35鉢を植え替えました。
5/9にユーフォルビアを中心に、23鉢を植え替えました。
5/18にユーフォルビアを中心に、37鉢を植え替えしました。
まあ、そんなこんなで今日で終了。本日の植え替えは以下の通り。

DSC_1374
千代田錦 Gonialoe variegata(左)
綾錦系交配種 Aristaloe aristata cv.(右)


DSC_1375
千代田錦は購入から1年とたっていないので、我が家の厳しい環境に慣れていないでしょうから、まあこれからでしょう。根には問題ないようです。仔が吹いていますが、まだ外しません。
綾錦系交配種は真夏でも無遮光で、冬はマイナス5℃以下の環境を数年耐え抜いただけあって、顔つきが違います。根の状態も非常に良く、仔を沢山吹いていました。


DSC_1376
植え替え後。
同じ鉢に新しい用土で植えました。綾錦は大きめで根が出ていた仔を2つ外しました。


DSC_1377
白磁ホリダ Euphorbia polygona var. horrida(左奥)
バリタ Euphorbia valida(右奥)
紅青玉 Euphorbia meloformis cv.
                        × Euphorbia aggregata(左手前)
貴青玉 Euphorbia meloformis cv.(右手前)

DSC_1378
植え替え後。
すべていままでよりも大きめの鉢に植え替えました。根は非常に良い感じでした。白磁ホリダは仔をすべて外しました。単頭でどっしりとした株を目指します。

DSC_1379
Euphorbia opuntioides(左)
Euphorbia makallensis(中央)
Euphorbia pseudocactus
                   cv. 'lyttoniana'(右)


DSC_1380
植え替え後。最後の鉢です。
生育が今一つの連中。マカレンシスは単純な根詰まりなので、回復は容易でしょう。オプンチオイデスも根が動き始めているので、おそらくは大丈夫です。生育環境の変化で、動きが止まっていただけかもしれません。'リトニアナ'は根の生育が完全に止まっていました。どうにも動きそうにないので、太い根は切断して発根を促します。さらに、半分に胴切りして挿し木しました。動いてくれないかなあ…

以上で今年の多肉植物の植え替えはすべて終了です。しかし、全体的に大きめの鉢に植え替えましたから、冬の室内スペースが足りそうにありません。今のうちに策を高じる必要があります。
そんなことを言いつつも、ビッグバザールや鶴仙園にも行きますから、まだまだ増えてしまいそうです。困った困った。



ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村












引き続きユーフォルビアの植え替え。
サボテンも植え替え。


DSC_1343
白樺キリン Euphorbia mammillaris cv.(左奥)
鯨髭キリン Euphorbia polyacantha(右奥)
Euphorbia debilispina(左手前)
Euphorbia polygona(右手前)

DSC_1345
デビリスピナは意外にも塊根状。

DSC_1346
植え替え後。全体的に根張りが良かったので大きめの鉢に植え替えました。

DSC_1349
噴火竜 Euphorbia viguieri(左奥)
噴炎竜 Euphorbia neohumbertii(左手前)
閃紅閣 Euphorbia furticosa var. inermis(右奥)
緑仏塔 Euphorbia tuberculata(右手前)

DSC_1350
植え替え後。噴火竜は非常に根が張っていました。閃紅閣は根張りもいいのと、仔株が大きくなってきたので広めの鉢に植え替えました。緑仏塔は枝がイマイチ少なくて気になっていたのですが、根には問題はないようでしたが…

DSC_1341
Fouquieria diguetii(左)
Operculicarya borealis(中央)
Fouquieria macdougalii(右)

DSC_1342
植え替え後。フォウクィエリアは乾きすぎるせいか葉がポロポロ落ちてしまうので、深い鉢に植え替えました。オペルクリカリアは塊根が思いの他長いので、深い鉢に植え替えました。ディグエッティイの鉢から出てきた逆鱗竜も独立させました。

DSC_1338
竜頭 Gymnocalycium quehulianum(左奥)
Gymnocalycium esperanzae(中央奥)
守殿玉 Gymnocalycium bodenbenderianum(右奥)
Gymnocalycium prochazkianum subsp. simile(左手前)
Gymnocalycium prochazkianum(左手前)
瑞昌玉 Gymnocalycium stellatum(右手前)


DSC_1339
植え替え後。

DSC_1340
プロチャズキアヌム亜種シミレやエスペランザエは、長い塊根があるので深い鉢に植え替えました。

本日の植え替えはこれで終了。しかし、まだ終わっていません。まあ、あと数鉢ですが。


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村







ユーフォルビアの植え替えの続き。以前の植え替えから2年以上たつものは、すべて植え替えます。

しかし、鉢が足りなくなったので、急いでシマムラ園芸に安いプラ鉢を買いに走りました。

DSC_1331
数年で駄目になりそうなペラペラの鉢ですが、安いので使い捨てします。私が育てている多肉植物は苗が多いので、植え替えで鉢のサイズを変えたりすることが多いため、使い捨ては非常に便利。使用済みの鉢は使い回しすると病原菌が心配なので、洗ったり消毒したり面倒ですからね。

DSC_1327
Euphorbia inermis(左)
Euphorbia primulifolia var. begardii(中央)
Aloidendron dichotomum(右)


DSC_1328
プリムリフォリア変種ベガルディイの塊根は巨大化。2年前に植え替えた時は、こんなに太っていませんでした。

DSC_1329
アロイデンドロンは根がかなり貧弱でした。葉は問題ありませんが、少し心配です。九頭竜(イネルミス)の根張りは良いみたいです。プリムリフォリア変種ベガルディイもいい感じです。すべて元の鉢に植え替えましたが、プリムリフォリアのベガルディイは以前より塊根を出して植え替えました。塊根の太りかたが非常に良いので将来が楽しみです。

DSC_1332
Euphorbia guillauminiana(左)
Euphorbia bongolavensis(中央)
Euphorbia inconstantia(右)


DSC_1333
植え替え後。ボンゴラベンシスは乾燥地に生えるとはいえ多肉植物ではないので、大きい鉢に植え替えました。水多目でいこうと思います。グイラウミニアナ(ギウラミニアナ)も根張りは良好で、明らかに根詰まり気味でしたから大きい鉢に植え替えました。インコンスタンチアはやや根腐れ気味でした。鉢が膨らんでいたので、完全に根詰まりだったのでしょう。

DSC_1334
Euphorbia susannae(左奥)
Euphorbia submamillaris(右奥)
Euphorbia submamillaris f. pfersdorfii(手前)


DSC_1335
瑠璃晃(スサンナエ)は植え替えしたのですが、思いの他根が多く、少し鉢が小さい様な感じでした。なので、深い鉢に再度植え替えました。サブマミラリスとプフェルスドルフィイは叢生するので、大き目の鉢に植え替えました。

DSC_1336
Euphorbia ferox(左奥)
Euphorbia officinarum(右奥)
Euphorbia aggregata(左手前、紅キリン)
Euphorbia pulvinata(右手前、笹蟹丸)


DSC_1337
植え替え後。叢生するので広めの鉢に植え替え。大正キリン(オフィキナルム)は根がパンパンに張っており、鉢から中々抜けませんでした。根鉢を崩すのも大変でしたから、数回り大きな鉢に植え替えました。

なんと、まだ植え替えは終わりません。続きます。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村






今年は多肉植物の植え替えラッシュで、すでに90鉢以上の植え替えをしています。正直、疲れましたがまだ植え替えなければならない鉢が沢山あります。まあ、やれるときにやっておいた方が後々楽になることはわかっていますし、植え替えなくて枯れたりして後悔しても取り返しがつきませんからね。
インカのめざめ(ジャガイモ)やカキツバタの花を見ながら、今日も植え替えに勤しみます。


DSC_1315
インカのめざめ

DSC_1316
カキツバタ

DSC_1318
Euphorbia stellispina(左)
Euphorbia polygona var. horrida(中央)
Euphorbia polygona cv.(右、ゼブラホリダ)


DSC_1320
Euphorbia clandestina。いわゆる逆鱗竜ですが、自家受粉で種が出来てあちこちに飛んで、勝手に生えてきます。群星冠(ステリスピナ)の鉢に生えてきました。

DSC_1321
植え替え後。鉢のサイズはちょうどいいのでそのまま。生長も順調で、根にも問題なし。これ程嬉しいことはありません。逆鱗竜は独立させました。

DSC_1322
Uncarina roeoesliana(左1)
Euphorbia silenifolia(左2)
Euphorbia pseudoglobosa(左3)
Euphorbia bupleurifolia(左4)

DSC_1323
塊根が太ってきました。

DSC_1326
植え替え後。
冬型のシレニフォリアは根をやられていないのか心配していましたが、思いの他根張りが良くて安心しました。いつも葉がない鉄甲竜(ブプレウリフォリア)も根はパンパンでした。ウンカリーナも塊根は太っていましたが、深い鉢に植え替えました。プセウドグロボサは塊根が大きくなりすぎて、根が狭い感じでしたから、やはり深い鉢に植え替えました。

まだまだ終わりません。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村








多肉植物の植え替えの続きです。
ユーフォルビアばかりですが。


DSC_1303
Euphorbia stellatum(左)
Euphorbia leistneri(中央)
Euphorbia polygona var. horrida(右)


DSC_1308
植え替え後。レイストネリの根張りは良い感じでしたが、他の2つは問題ありでした。
ホリダは2株セットの片割れですが、何故かこちらだけ生長が止まっています。抜いたら根は腐っている感じはありませんでしたが、根は少なく貧弱でした。植え替えしても動かないようなら、胴切りして仕立て直します。
飛竜(ステラツム)は根腐れしていました。といっても、やられていたのは太い主根ではなく側根でしたが、かなり太い根をやられたので体力は削られているでしょうね。鉢が大きすぎるため、鉢内の水分が中々抜けない可能性もありますから、一回り小さい鉢に植え替えました。


DSC_1309
Euphorbia meloformis系3種類
Euphorbia pachypodioides(前列左)
Euphorbia curvirama(後列中央)


DSC_1310
植え替え後。後列のメロフォルミス系は、皆良い根張りでした。窮屈そうだったので、一回り大きな鉢に植え替えしました。
クルヴィラマの根はまあまあでしたが、パキポディオイデスの根はイマイチでした。パキポディオイデスの特徴なのか、育成環境がイマイチなのかはまだわかりませんが…

DSC_1311
Pachypodium cactipes(左)
Pachypodium brevicaule
           subsp. leucoxanthum(右)


DSC_1312
かわいらしいサイズのパキポディウムですが、これでも大分大きくなりました。前回の植え替えから3年目、しかも生長著しい若い苗ですから、植え替えました。共に根張りも良く、問題なさそうです。同じ鉢に新しい用土で植えました。

DSC_1313
Euphorbia cooperi(左)
Euphorbia virosa(中央)
Euphorbia canariensis(右)


DSC_1314
柱状のユーフォルビアは、生長著しいので植え替え。丈夫で生長が早いので、根詰まりが心配です。やはり根張りは良い感じ。墨キリン(カナリエンシス)は背が高くなってきたので、安定感があって重い朱泥鉢に植え替えた方が良かったかも。

しかし、まだ植え替えはまだ全部終わっていません。植え替えのための鉢はもうなくなったので、また買いにいかないとなりません。


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村






2月にある程度まとめて多肉植物、主にハウォルチア中心に植え替えたのですが、何かと忙しくまだ植え替えをしていない鉢が結構ありました。

2020年に植え替えた鉢は、さすがに植え替えないと根詰まりしかねないので、すべては無理ですが植え替えしました。
根の状態は健康のバロメーターですし、植物の種類によって根張りが違いますから、植え替えは情報が沢山得られますから大変勉強になります。


DSC_1294
Euphorbia ambovombensis(左)
Euphorbia cylindrifolia(右)


DSC_1295
植え替え後。共に塊根は地下で大きくなっていました。塊根は今までよりも少し出して植えました。共に根張りが良いので、今までよりも深い鉢に植え替えました。

DSC_1296
Aloe haworthioides(左)
Aloe erinacea(中央)
Aloe humilis(右)

DSC_1297
エリナケアは根がはみ出していたので、気になっていたのですが、抜いたら凄い量の根でした。あまり大きくなっていないのに、根ばかり伸びてもと思いますが、まあ健康の証でしょう。

DSC_1298
植え替え後。ハウォルチオイデスはやや幅の広い鉢に植え替え。フミリスは明らかに根詰まりでしたから、大きな鉢に植え替えました。最近、フミリスの調子が良くなかったのは、根詰まりが原因だったみたいですね。エリナケアはさらに大きな鉢植え替え。

DSC_1299
Euphorbia polygona var. horrida(左1)
Euphorbia knuthii(左2)
Euphorbia procumbence(左3)
Euphorbia knoblii(左4)
Euphorbia hybrid.(左5)


DSC_1300
クンチーの根は凄い太っていました。鉢底に当たってしまっていたようです。

DSC_1301
全体的に大き目の鉢に植え替えました。皆、根張りが良くて一安心。

DSC_1302
クンチーの塊根は少し出しました。植え替えごとに、少しずつ出していく予定です。

後編に続きます。

ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村






今日は天気も良いので、植え替えをと思っていましたが、所用で午前中丸々つぶれてしまいました。なので、窮屈そうな2鉢だけ植え替え。

DSC_1016
瑠璃晃(左)とインターテクスツム(右)

瑠璃晃は植え替えてから4年目、インターテクスツムは3年目。いかにも窮屈そうです。

DSC_1017
抜いてみると、瑠璃晃は完全に根詰まり状態。

DSC_1018
ふた回り大きな鉢に植え替えました。
瑠璃晃(Euphorbia susannae)は何故かほぼ仔吹きせず、すごい早さで大きくなっています。仔吹き群生する図鑑の姿とも違う姿ですが、まあこれはこれで面白い感じがします。

インターテクスツム(Gymnocalycium ochoterenae=Gymnocalycium intertextum)も思いの外、生長が早いので驚かされます。インターテクスツムはギムノカリキウムの中でも怪竜丸とかバッテリーに近い仲間なので、それほど生長が早いイメージはないのですが。

過去に書いた瑠璃晃とインターテクスツムの記事はこちら。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村






朝晩は冷えますが、日中は暖かい日も多くなってきました。多肉植物も春を感じたのか、ポツポツ動き始めています。
冬の間に入手した多肉植物は植え替えをしておりませんでしたから、天気もよろしいので植え替えをしてみました。
DSC_0807
必要な用土と鉢。
グランカクタスさんの推奨用土の改造版を作ります。
まあ、改造したからこっちのほうがいいわけではありません。単純に好みの問題です。
赤玉土 8
鹿沼土 4
軽石 2
バーク堆肥 2
くん炭 1
ゼオライト 1 
マグアンプK 少々

去年の使い終わった堆肥の袋は丈夫なので取って置きました。その空袋に材料を入れて混ぜれば完成です。

第一弾
DSC_0808
ハウォルチアとかアロエの仲間、ユーフォルビアが大半です。抜いて古い用土を落とし、少し乾かします。
買った多肉植物をわざわざ植え替えする理由は、主に3つあります。
①根の状態チェック
根の状態は抜かないとわかりません。多肉植物は葉に水分を貯めておけるので、根がやられても直ぐにはしおれたり枯れたりしません。根が腐っているのに水やりすれば悪化しますから、根の状態チェックは必要です。
また、種まきポットを利用する生産者さんも結構います。これは発芽には便利ですが、多肉植物栽培には適さない材料です。ですから、生産者さんはある程度育ったら、ポットごと大きい鉢に赤玉土で植え込んだりします。そういう株は、根元に種まきポットが残っていたりします。ポット内の根は加湿で枯れていますから、ポットカスはすべて取り除きます。
場合によってはお店での管理が良くないと、鉢の中がカビが発生することもありますから、注意が必要です。
②用土
使われている用土が異なると、乾燥の具合が分かりにくいものです。慣れた用土なら乾き具合は何となく推測できるようになります。
また、鉢ごとに用土が異なると、乾き具合が鉢ごとに異なり管理が難しくなります。
③鉢
鉢もサイズや高さにより、乾燥具合が異なります。根の大きさや、植物の性質により決めます。
私は鉢の再利用はしません。必ず廃棄して、新しい鉢を使用しています。ネジラミとかカビとかバイラス病とか、まあいろいろ厄介なので。

DSC_0813
第一弾は終了。
ダシリリオン・ロンギシムムは根元に水が溜まると腐りますから、浅植えしました。あと、鉢底にカビが発生している鉢が一鉢ありました。また、竜城は根がありませんでした。まあ、これは腐敗していませんから、問題ありません。暖かくなってきましたから、心配しなくてもそのうち生えてくるでしょう。
DSC_0809
火星人の鉢がぐらぐらするので、鉢底を見てみると…
DSC_0810
根が盛大にはみ出しています。最早、抜くことも出来ませんから、鉢を壊して取り出します。
DSC_0811
植わっていた見た目より、塊根は大きいようです。
DSC_0812
オペルクリカリア・ボレアリスは抜いたところ、なんか予想と異なる感じでした。塊根、というか本当に芋。

第二弾
DSC_0814
新規購入サボテンと、生長して窮屈になったユーフォルビアの植え替えです。
DSC_0815
植え替え完了。
ユーフォルビア・フィリプシアエは二株が一鉢に植えていたので、二鉢に分けました。花は咲きましたが、鉢がぎゅうぎゅうで生長が鈍っていたので。ユーフォルビア・バイオエンシスは根元から子株が出たのはいいのですが、かなり窮屈だったので、鉢を一回り大きくしました。ギムノカリキウム・バッテリーは何故か生長とともに、端に移動してしまいます。徐々に動くという不思議。根の形でそうなっているような気もしますが謎です。やはり植え替えました。


かがんだ姿勢でいたせいか腰が痛いので、本日はこれで終了。
生長して窮屈になった多肉植物はまだありますから、また順次植え替えしていきます。鉢を買わなくては…


ブログランキング参加中です。
クリックして頂けますと嬉しく思います。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村








このページのトップヘ