ユーフォルビア・オベサ・ドットコム

カテゴリ:園芸店巡り > 神代植物公園

神代植物公園の大温室の続きです。いよいよこれがラスト。


DSC_1240
Echinocactus grusonii
地植え温室につきものの巨大な金鯱。


DSC_1242
Copiapoa dealbata
黒士冠の大群生株。

DSC_1244
Carnegiea gigantea
いわゆる弁慶柱です。採取が禁止されており、生長が遅いため、このサイズは植物公園ならでは。


DSC_1246
Stenocereus eruca
入鹿と呼ばれるサボテン。地面を這いながら真下に根を生やして、古い茎は枯れていきます。ですから、常に移動しながら育つ珍しい生態を持ちます。


DSC_1237
Welwitschia mirabilis
奇想天外と呼ばれる、長命で知られる植物。葉は2枚で無限に伸びますが、先端が裂けて沢山の葉があるように見えたりします。


DSC_1232
Encephalartos leumannii

DSC_1239
Encephalartos horridus
ホリダスもこのサイズ。

DSC_1236
Xanthorrhoea preirssii
ススキノキですが、ブラックボーイの呼び方の方が有名かもしれません。開花中の模様。


DSC_1252
Astrophytum myriostigma
鸞鳳玉。これはデカい上、よく詰まっています。

以上で大温室は終了です。
バラはかなりの面積がありましたが、ほとんどがまだつぼみでした。一応、来週から春のバラフェスタが始まるそうです。
IMG_20220503_232518

本日は2時間ほど公園内を歩きましたが、半分も見れませんでした。またイベントがあれば、見ていない所も廻りたいものです。


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村








神代植物公園の大温室もいよいよ大詰め。最後の多肉植物ゾーンです。


DSC_1215
DSCPDC_0000_BURST20220503111716618
トックリラン
このサイズですよ。さすが地植え。


DSC_1216
DSC_1217
Kalanchoe baharensis
うねるような幹を見ると何だかわかりませんが、これはカランコエです。見上げると見覚えのある葉が見えます。こんな巨大株ははじめて見ました。

DSC_1220
Aloe dorotheae
ドロテアエも群生すると、この迫力。

DSC_1221
Aloidendron dichotomum
このサイズは憧れます。苗を持っていますが、こうはならないというか、出来ないというか。


DSC_1222
Euphorbia horrida
太くよく締まっています。ここまでの群生株は地植えならでは。

DSC_1223
Cephalopendandra ecirrhosa
内部がやられていますが、枯れていないようです。塊根を持つウリ科のツル植物。


DSC_1228
Euphorbia gottlebei
花キリンの1種の大分岐株。細い葉が特徴。

DSC_1235
Euphorbia abyssinica
巒岳の名前で知られるユーフォルビア。

大温室は次でラスト。


ブログランキングに参加中です。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村









神代植物公園の大温室の続きです。
睡蓮池と小笠原ゾーンです。


DSC_1191
温室内の睡蓮は、熱帯睡蓮です。
これは"Midnight"。


DSC_1193
"King of Siam"

DSC_1196
Nymphaea colorata
この色彩で原種とは…
西アフリカ原産。
そういえば、池の中にグッピーらしき小魚がちらほらいました。

DSC_1198
DSC_1199
よく見ると、壁にパイナップル科植物が沢山置いてあります。

DSC_1200
DSC_1201
こちらはショクダイオオコンニャク。巨大な花(仏炎苞)を咲かせることで有名です。

DSC_1210
ムニンノボタン
小笠原の絶滅危惧種。


DSC_1213
オガサワラビロウが結実中。

DSC_1207
オオハマギキョウ
このサイズでキキョウ科の植物。
ここら辺の植物はまず見ることはないだけに、レア度は高いです。

続きはいよいよ多肉植物の部屋です。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村








神代植物公園の大温室の続き。
ラン室の次はベゴニアの部屋。


DSC_1135
すごい種類がありますが、詳しくないので解説出来ません。

DSC_1176
花を水に浮かべてあります。

DSC_1177
葉も美しい垂れ下がるタイプ。

DSC_1178
DSC_1179
DSC_1180
DSC_1181
DSC_1182
細かいフリンジがあるタイプ。

DSC_1185
こういう原種系が好きだったりします。

DSC_1186
これは華やかで良いですね。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村







神代植物公園の大温室の続き。まだ、ラン室。


DSC_1175
Epidendrumの交配種。エピデンドラムは花茎が伸びて、花が固まって咲くので目立ちます。

DSC_1172
DSC_1171
Bulbophyllum arfakianum
蛇の様な模様。


DSC_1161
Dendrobium cuthbertsonii
非常にかわいらしいデンドロビウム。確か夏の暑さにかなり弱かった様な…。この仕上がりは驚異的。


DSC_1168
Ascocenda系交配種。鮮烈な赤。

DSC_1166
Miltonia系交配種。ミルトニアは柔らかい感じの花で好きなのですが、やはり夏の暑さに弱いタイプです。

DSC_1165
Epidendrum schechterianum
みっちり詰まった様な形のエピデンドラム。


DSC_1173
Oncidium系交配種。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村





神代植物公園の大温室はまだまだ続きます。
温室植物の王者、蘭の世界です。



DSC_1134
ラン室。直球な名前の部屋です。

DSC_1139
Chilochista
ヒトデラン。いわゆる無葉蘭で、葉はなく根で光合成します。


DSC_1140
Bulbophyllum elegans
面白い形の花ですが、こういう系のBulbophyllumは、風が吹くと上の方のパーツが動いたりします。ちなみに、ハエを呼ぶために強烈に臭い種類もあります。

DSC_1142
Vrieseaかな? ランじゃありませんが存在感があったので。

DSC_1143
Vanda coerulea系交配種
着生植物なので、根はむき出し。


DSC_1145
Coryanthes mastersiana × Stanhopea reichenbachiana
バケツランとありましたが、なんで交配種なんでしょうね。Coryanthesの原種の、本当にバケツっぽい形のほうが面白いのに。


DSC_1146
根の方から垂れ下がります。

DSC_1144
素晴らしい斑が入ったモンステラ。サイズも巨大。

DSC_1156
Dracula polyphemus
ドラクラの花。ドラキュラに因んだ学名です。

まだまだ続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村




世界のラン大図鑑
ミレンダ,トム






神代植物公園の大温室の続きです。有名なヒスイカズラをはじめて見ました。感激!



DSC_1132
Strongylodon macrobotrys
ヒスイカズラと呼ばれるマメ科のツル植物。いやはや、自然とも思えない色合いです。なんでも、自然ではオオコウモリが受粉を担うとか。


DSC_1127
Zamia furfuracea
何故か日本ではZamia pumilaの名前で売られていますが、さすがに都立の植物公園だけあって学名も正式です。フルフラケアが正しいのです。


DSC_1126
フルフラケアは葉の幅が広く先端が尖りません。葉は厚みがあり革質です。葉の表面は黄色~褐色の毛が生えています。まあ、プミラなんて国内で売ってないから間違いようがないんですけどね。

DSC_1123
Encephalartos sp.
オニソテツ属の一種。


DSC_1124
立派な幹。

DSC_1119
バンジロウと呼ばれる熱帯果樹。鉢植えでも実がなります。

DSC_1120
こちらはカカオノキ。ココアやチョコレートの原料です。

DSC_1121
酸味を甘く感じさせるミラクルフルーツ。少し実がついています。

まだまだ続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村






神代植物公園の大温室はまだ続きます。図鑑でしか見たことがない珍しい熱帯植物だらけです。


DSC_1106
Jatropha integerrima
ナンヨウザクラ(南洋桜)、テイキンザクラ(堤琴桜)とも呼ばれるトウダイグサ科植物。ナンヨウザクラ科のMuntingia calacraもナンヨウザクラと呼ばれるので注意。


DSC_1111
Aristolochia salvadoensis
地面を見るとこんな花が咲いていたりします。ウマノスズクサ科は変わった形の花が多いですが、これは特に面白い形です。


DSCPDC_0002_BURST20220503110042355_COVER
斑入りバナナ。実にも斑が入ります。

DSC_1113
Tacca chantrieri
ブラックキャットとか呼ばれるタシロイモ科植物。ある種、異様な形の花が咲きます。今回は花がなくて残念。


DSC_1116
Artocarpus heterophyllus
パラミツとかジャックフルーツと呼ばれるクワ科植物。実は最大50kgにもなることで有名。食用。


DSC_1117
ヘゴの新芽。シダなので、ゼンマイみたいな感じです。

DSC_1118
ヘゴは木性シダなので、背が高くなります。

DSC_1128
ヘゴの幹は気根で出来ています。

まだまだ続きます。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村







神代植物公園の大温室の続きです。
広いので、多肉ゾーンまでなかなかたどり着きません。まあ、珍しい植物が多いので、目移りしてしまい私が立ち止まってばかりなのが悪いだけですけどね。


DSC_1098
ベニヒモノキの白花種。

DSCPDC_0000_BURST20220503105817510
ベニヒモノキ。

DSC_1100
見上げると丸く巨大な葉。タデ科のCoccoloba pubescens。天井が高いので、見上げないとわからない樹木も多いようです。

DSC_1102
水性のシダであるミミモチシダ。学名はAcrostichum aureum。マングローブ林に生えるようです。

DSC_1104
プルメリアの枝にサルオガセモドキ(Tillandsia usneoides)。やや、シュールな光景。

DSC_1105
チョウセンアサガオ(Datura)ではなく、キダチチョウセンアサガオ(Burgmansia)。

続きます。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村









神代植物公園の多肉植物展へ行きましたが、せっかくなので公園内を散策しました。


特に大きい温室があり珍しい植物が沢山あるらしいので、楽しみにしていました。多肉ゾーンもあるとのこと。

DSC_1254
大温室の外観。とても広そうです。

DSC_1088
入るとすぐに、ビカクシダの塊がお出迎え。

DSC_1089
緋合歓かな?

DSC_1091
Solandra maxima "Warrimoo"
より派手な新葉。ナス科と聞いて納得。

DSC_1092
Petrea volubilis
シソ科のツル植物。ウィキではクマツヅラ科。


DSC_1094
オオオニバスとパピルス

DSC_1096
DSC_1097
残念ながらまだつぼみと思いきや、左端は咲いてませんか?

DSC_1095
ふと目線を下げると、マニア心をくすぐるいい色味のサトイモ科植物があったりします。これは気が抜けない!

続きます。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村





神代植物公園へは多肉植物展目当てで来ましたが、せっかく来たので、多肉植物もある大温室へ向かいます。

道中にも植物がいっぱいです。まあ、植物公園ですから当たり前ですけどね。

DSC_1066
ジャーマンアイリスの切り花を展示していました。

DSC_1070
販売もしていました。

DSC_1071
DSC_1072
ツツジは少し遅かった感があります。

DSC_1076
睡蓮の池。

DSC_1074
シャクナゲが沢山咲いていました。

DSC_1078
DSC_1079
DSC_1080
シャクナゲも色々。

DSC_1082
こちらは牡丹。

DSC_1085
芍薬も満開。

さあ、いざ大温室へ!

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村






神代植物公園の多肉植物展の続きです。
多肉植物展は、5/8まで開催。



DSC_1058
会場の植物会館の常設展示品。

DSC_1059
海を漂って分布を広げます。

DSC_1060
最大の豆、モダマ。やはり、海を漂います。

DSC_1061
バオバブの実ははじめて見ました。

DSC_1064
植物会館の入り口に雅な山野草。

DSC_1062
と、思いきや、まさかのマンドレイク。いわゆる、マンドラゴラ。

DSC_1063
いかにもナス科といった実がなります。

さて、買い物はしないつもりでしたが、ついうっかり買ってしまいました。
多少の多肉植物を販売していたのでね。ついつい…


DSC_1284
Euphorbia opuntioides
ウチワサボテンOpuntiaの様な形のユーフォルビア。割とレア。塊根も出来ます。

DSC_1285
Pachypodium brevicaule
普通の恵比寿笑いの苗。何故か恵比寿笑いは巡り合わせが悪く、良苗が入手出来ずに困っていました。白花のleucoxanthumは早々と入手したのに。

神代植物公園の多肉植物展ですが、小規模ながらも楽しいイベントでした。レア多肉を見られましたから。
もちろん、神代植物公園の見所は多肉植物展だけではありません。温室にはレアな植物が沢山あります。ということで、まだまだ続きますが、疲れたので更新は明日。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村







神代植物公園の多肉植物展の続きです。
多肉植物展は、5/8まで開催中です。

DSC_1041
Euphorbia maritae
レアもの感があります。


DSC_1052
有星類(Astrophytum)たち。

DSC_1053
Astrophytum asterias
ヒトデ型の兜丸。大型で美しい…


DSC_1054
Astrophytum myriostigma
var. strongirogonumかな? まん丸。


DSC_1055
これはいったい…なんでしょうか? 名札は埋もれて見えず。

DSC_1056
ホリダがこんなに小さなお洒落鉢(流木?)に。

DSC_1057
群星冠 Euphorbia stellispina

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村




 

神代植物公園の多肉植物展の続きです。
多肉植物展は、5/8まで開催中です。


DSC_1043
DSC_1044
ハウォルチアの仲間。

DSC_1046
皇帝
Tulista系の交配種かな? 花芽があがっています。

DSC_1045
十二の巻
これはお見事。十二の巻は普及種で安いので、ここまで立派できれいな株は見ない気がします。


DSC_1048
Haworthia lockwoodii

DSC_1049
Carnegia(Cereus) gigantea
いわゆる弁慶柱。はじめて見ました。原産地では採取が禁止されており、生長がとてつもなく遅いので、大型の株は出回らないそうです。まあ、個人が楽しむタイプのサボテンではありませんが…


DSC_1051
Trichocereus bridgesii "inermis"
天守閣のトゲがあまりない突然変異。珍棒閣、あるいは成程柱と呼ばれています。苗が売っているのは知っていましたが、ここまで巨大な株ははじめて見ました。


DSCPDC_0003_BURST20220503102603919_COVER
素晴らしいアガヴェ。詳しくないので、種類はよくわかりません。エボリスピナかな?

DSC_1026
Commiphoraは気にはなりますが、入門種がわかりません。基本的にお高いので気軽に試すわけにもいきません。

DSC_1027
謎のユーフォルビア。名札が埋もれて見えません。

続きます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村








神代植物公園の多肉植物展の続きです。
多肉植物展は、5/8まで開催中です。

DSC_1030
Euphorbia tuberculata
いわゆる緑仏塔。巨大なタコものユーフォルビア。憧れます。


DSC_1033
DSC_1034
Ceraria namaquensis
一見して亜竜木の仲間にも見えますが、Portulacariaと同じスベリヒユ科。


DSC_1035
一応、花キリンの仲間。

DSC_1036
Euphorbia itremensis

DSC_1037
Euphorbia sp. nova Fishbone

DSC_1038
Euphorbia purimurifolia
いわゆる、地むぐり花キリン。


DSC_1040
ウリ科かな?。すごいボコボコの塊根。

続きます。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村







5月3日から5月8日まで、神代植物公園で多肉植物展が開催されています。詳細はビッグバザールでお馴染みの国際多肉植物協会のHPをご参照下さい。

神代植物公園は調布市にある東京都立の植物園です。休園日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)と年末年始。
開園時間は午前9時30分から午後5時(入園は午前4時まで)です。
入園料は一般500円、65歳以上は250円、中学生は200円、それ以下の年齢は無料とのこと。20名以上の団体は値引きされるみたいです。
みどりの日(5/4)と都民の日(10/1)は、無料開園日だそうです。ちょうど、多肉植物展の開催日にみどりの日が重なりますね。

アクセスはやや不便で、車で来たほうがいいみたいです。電車だと駅からバスになりますが、ちと遠いんです。バスだと調布駅から15分、三鷹駅から20分、吉祥寺駅から30分とのこと。
しかし、私は家から非常に遠いため、電車で行きます。調布駅からはバスで行きました。

神代植物公園前には10時前に着きましたが、どえらい行列が出来ていて入場券売場まで30分かかりました。入場してすぐ左の植物会館へ向かいます。

DSC_1021

DSC_1022
入ったすぐに、アオノリュウゼツランがお出迎え。

DSC_1065
お目当ての多肉植物展の会場。

DSC_1032

DSC_1028
Operculicarya pachypus
枝振りがすごい!


DSC_1029
Fouquieria fasciculataかな? 名札を見忘れました。

DSC_1023
Pachypodium baroniiかな?

DSC_1024

DSC_1025
面白い形。上が伸びるので、割と曲がり勝ち。

続きます。




NHK出版 決定版 多肉植物図鑑




このページのトップヘ