昨日は温室に入ると言っておきながら、入口まででした。入口付近を30分くらいウロチョロしていましたから、なかなか進みません。写真を撮りすぎてスマホか過熱してしまい、カメラが強制終了するわシャッター速度が落ちてブレブレになるわで、スマホのご機嫌を伺いながらで時間がかかってしまいました。1時間以上温室にいたので、馬鹿みたいに汗をかいてしまいました。

240622104945697
Portulacaria afra
いわゆる銀杏木ですが、なかなかこのサイズにはなりませんよね。斑入りの「神楽の舞」は園芸店でもお馴染みですね。実はポルツラカリア属はサボテン科に近縁な植物です。

240622105001264
この多肉質でハート型の葉が特徴です。
240622105027694
すっかり木質化しています。ちなみに、脇の葉は雑草と言うかただのコミカンソウです。

240622105048370
Pereskia aculeata
杢キリンと呼ばれる樹木状の原始的なサボテンです。ぱっと見はサボテン感がありませんが、非常に鋭いトゲがあります。

240622105436741
Pereskia guamacho
グアマコは現在はペレスキアではなくLeuenbergeriaになっています。ペレスキアは2つのタイプがあると言われてきましたが、遺伝的な解析を経て2013年に南アメリカ南部に分布するペレスキアをレウエンベルゲリアとして分離しました。レウエンベルゲリア属は茎に気孔があり樹皮形成が遅いなど、より原始的な特徴を持ちます。

240622105531908
根本はこんな感じ。
240622105605621
茎にはトゲがあります。
240622105646816
よく見たら花が咲いていました。

240622105106285
何やら巨大なオプンチアかありましたが、倒れています。

240622105400540
Opuntia tuna
立派な金武扇です。


240622105622379
着生サボテンがうねっていました。

240622105149747
温室内にも金鯱。

240622105157007
Ferocactus glaucescens
王冠竜は群生していました。


240622105243630
Ferocactus schwarzii
ポツンと黄彩丸。

240622110053946
こちらの黄彩丸は開花中でした。

240622105305451
Mammillaria hahniana f. lanata
玉翁殿もワイルドな出来。しかし、このラナタはデータベースにない名前なんですよね。よく分かりません。


240622105734114
リプサリスがぶら下げてありました。青柳(R. cereuscula)でしょうか?

240622105935223
Pachycereus pringlei
武倫柱はやや危うい角度で育っています。
温室はまだ入口付近ですが、またもや長くなったので明日に続きます。



ブログランキング参加中です。
クリックしていただけますと嬉しく思います。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 塊根植物・塊茎植物へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ サボテンへ
にほんブログ村